運動パフォーマンスを向上させよう!!筋トレ中や運動にオススメな要素はBCAA!?

こんばんは。管理人TAKU(@takulog0712 )です。

年齢と共に運動をしなくなっていく中で、

たまに運動するとすぐに疲れたり、次の日の筋肉痛に苦労したりという経験はありませんか?

「若いころはもっと動けたのに」

と体力や運動能力の低下を加齢とともに嘆く人には今回の内容がオススメできます。

BACCを摂取し、運動パフォーマンスを向上に繋がる!?

運動パフォーマンスを向上させるのに効果的とされているのが必須アミノ酸(BCAA)というもの。

筋トレや運動をする際の運動パフォーマンスの向上にも大きく関わるとされています。

BCAAとは、筋肉のエネルギー源である

BCAAとは(Branched Chain Amino Acid;分岐鎖アミノ酸)の略であり、運動時の筋肉でエネルギー源となる必須アミノ酸である、バリン、ロイシン、イソロイシンの総称です。

必須アミノ酸は人が体内で作ることはできないアミノ酸とされており、食事等で摂取する非常に重要な要素の一つです。

近年では、筋タンパク質中に非常に多く含まれているとも言われており注目を浴びるアミノ酸となっています。

人はどのようにBCAAを摂取しているのか?

上項で、人の体内で作ることのできないアミノ酸というお話をしましたが、

では、どのように摂取しているのか?というお話になります。

主に、摂取方法は食事になり、動物性のタンパク質に多く含まれているとされます。

その為、以下の食品などから人はBCAAを摂取していると言えます。

  • 牛肉
  • マグロの赤身
  • 鶏卵
  • 牛乳

意識しなくても、日常の中で取り入れることは決して難しいことではないことが分かるのではないでしょうか?

BCAA摂取で期待される効果

BCAAを取り入れることで得られる効果は

筋肉に対する効果

  • 筋タンパク質合成促進
  • 筋タンパク質分解抑制
  • 筋損傷軽減

持久性運動能力

  • 筋肉中のグリコーゲン節約
  • 乳酸産生抑制

といった効果が期待され、運動中の摂取がより効果的であるとされています。

筋トレや運動中に摂取することで、筋肉痛や疲労軽減につながる

運動中のBCAAの摂取でより効果的に機能するのですが、

筋損傷軽減がより効果的に機能するという観点から

筋トレ中や運動中に摂取することで筋肉痛や疲労軽減に効果的であると言えます。

筋トレ中や運動中食事は不可能、サプリなどがオススメ!

運動中のBCAAの摂取が、疲労感や筋肉痛に良いとされても、

運動中に牛肉やマグロの赤身、卵や牛乳を摂取するのは色々な問題があります。

現実にできるとしても、運動中の食事は消化不良につながる為、オススメできません。

運動中にBCAAを摂取するのであればサプリなどで摂取することがオススメです。