キャッシュフロー・クワドラントから学ぶ収入形態と金銭流動!!インターネット普及で形態変化はし易くなった!

現代においては少し古い話ではありますが、知る人ぞ知る「金持ち父さん、貧乏父さん」の著者としても有名なロバート・キヨサキさんの本の一つ

『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』という本に書かれる内容を現代にあてはめながら考えていきましょう。

キャッシュフロー・クワドラントとは何か?

キャッシュフロー・クワドラントとは、キャッシュフロー=お金の流れ、クワドラント=4つ、という意味を持つ英語の組み合わせて意味合い的には『4つの収入形態』という意味を指します。収入形態というのはどのようにして、お金を得るということです。詳しくは以下の図を使い説明していきます。

主な収入形態はこのように示すことができます。またそれぞれの記号は以下を示しています。

  • E(Employee):従業員
  • S(Self Employee):自営業者
  • B(Business Owner):ビジネスオーナー(以下:経営者)
  • I(Investor):投資家

となります。また画像では従業員、自営業者が青文字、経営者、投資家が黄文字となっていますが、キャッシュフロー・クワドラントでは左側の形態と右側の形態に大きな変化があるとされています。

どのような変化があるとされるかは以下の画像で説明します。

キャッシュフロー・クワドラントではこのように、従業員、自営業者を労働収入ビジネスオーナー・投資家を権利収入と定義されています。またここでの大きな違いは主に『何が収益を生むのか』という点において労働収入か?権利収入か?というところに分かれます。ではそれぞれが主にどういったものが収益につながるかを以下で説明します。

  • 従業員:会社に属し、働いた時間が給料としての収益になる
  • 自営業者:自分の作業した時間が収益になる
  • 経営者:自分の作ったシステムやビジネスモデルが収益となる
  • 投資家:自分の資産が収益となる

このようになります。つまりキャッシュフロー・クワドラントでの労働収入と権利収入の境目は収益につながるものが『時間』であるかないか?ということになります。

経営者のように作り上げたシステム代わりに働くといったものや、投資家のように資産(お金)が資産を生むような流れは全て権利収入であると考えるようです。では、現代においてこのようなシステムを構築させることはどうするのかを考えることが出来れば、誰しもが経営者や投資家になることは可能ではないかと思います。その方法を以下で考えましょう。

いきなり経営者や投資家になる事はない

これはほとんどの方が当てはまることですが、いきなり経営者や投資家になるというのは不可能です。というのも仕組みを構築するまではその仕組みがないわけですし、投資家になろうと思っても資金が必要になりますので、どんな人でも等しく、そこに至るまでの経緯というものが必要になります。

そう考えれば、必ず、従業員や自営業者から始まると思うべきです。重要なのは、そこからどう権利化していくか?ということでしょう。そして、現代版で考えるのであればきっとこういった形がベストになるのではないか?というものを紹介していきます。

自営業者から経営者!!いや、自営業者兼経営者!!

おそらくキャッシュフロー・クワドラント制作段階からこの方法は多く取り入れられています。そして現代においてもその流れがベストになることは変わりないでしょう。

しかし、これはあくまでの形態変化の話であり、実際に何が自営業者として何をしていけばいいのか、いつどのタイミングで経営者として変化していくのか?そこが難しいと思います。であれば自営業者兼経営者というイメージを持てばいいのではないでしょうか?

例えばですが、管理人の考える自営業者兼経営者に当てはまるのではないか?と思う業種は主に『インフルエンサー』と呼ばれる業種です。例として主な媒体は

  • SNS(Twitter、Instagram、Facebook、LINE等)
  • ブログ
  • YouTube
  • LIVE配信アプリ(Tik Tok、17Live)

において『ブロガー』『インスタグラマー』『ユーチューバー』『ティックトッカ―』『17ライバー』など『-er(活動者)』という意味合いを持つ言葉が沢山出てきてます。何故これが自営者兼経営者になるのか?ということですが、こういった方々の活動の多くは日々何かしらの発信をしているということが挙げられますが、この発信をするという行動そものもは労働と考えれますので、そういった意味では労働収入であり自営者と考えることができます。しかし、行動の結果は媒体に記録される為、その記録が未来的に収益を生むことに繋がります。つまり、『過去の自分が働く』という仕組みがされますので、今していることが、そのまま仕組化されるということになります。

一つの媒体を利用し仕組みかしていると考えればほぼ経営者と考えるべきですが、『インフルエンサー』そのものが個人の影響力である為に、完全なシステム化というのは難しいでしょう。もちろん、ノウハウ次第ではシステム化することは可能ですが、こういった業種は自分が動くことが最大の利益につながる事が多いです。

もし本当に完全なシステム化をするのであれば、グループ化していくのは良いと考えれますね。個人の影響力ではなくグループの影響力として認知してもらえば、グループを運用する側に専念できるようになれば、オーナーになりますので、完全な経営者となります。

こういった業種でトップになるというのは容易ではありませんが、資金的には負担が少ない状態で始めることが出来ますので、日々の生活や考え方を共有する仕事として活動するのも良いことかもしれませんよ^^

インターネットの普及で投資も身近に!!

時代の進化とは非常に素晴らしいもので、ロバート・キヨサキさんがこの本を書いた当時に比べれば『投資』というものは非常に身近になってきたといっても過言ではないでしょう。

例えばですが、2017年は『仮想通貨元年』と呼ばれることもありましたが、仮想通貨を使った取引を始める方が増えたという事実はあります。投資である以上、損益の発生のリスクは少なくとも存在はしますし、一攫千金を狙うようなことをすればそれはもはやギャンブルですが、何よりも低資金からの参入が出来ることが大きいのではないでしょうか?

投資の世界では、月利や年利の増加率を%(パーセンテージ)で表す為、投資可能金額が1000万なのか、10万なのか?で得る利益も異なります。

例えば月利が10%の場合ですが、1000万であれば100万、10万なら1万と生活するには十分というレベルとほんのちょっとのお小遣いレベルという差は生まれますが、そんなことを言い出したら何にも出来ません。10万円を運用して1万円を生む。月間で10%の増加を生むことが出来たという事実が重要なのです。何故か?10%で運用していく力が身についたのであれば、例えば今資金が無くても運用資金を増やしていけば、いずれ大きな利益になるからです。

月利が10%で運用できるのであれば年間で考えると120%な訳ですから、簡単に言えば、1年間で倍になります。例え低資金で始めたとしても運用していく力さえ身につけ、1年間で倍にすることが可能になれば、2倍、4倍、8倍、16倍と四年もあれば16倍になります。もし10年あればどうですか?612倍です。

つまり10万の資金が6120万円であり、その金額を月利10%で回せば、利益で612万となります。キャッシュフロー・クワドラントの定義では投資はお金に働いてもらうという意味がありますが、実際10万を10年間働かせればこういった金額になるのは可能であるということです。

現代は収入形態を変える方法に溢れている

現代においては自営業をすることも、経営をすることも、投資をすることも数年、数十年前よりも遥かに容易になりました。満足のいく結果になるかに関しては個人の努力次第ということにはなりますが、一昔前の『限られた人にしかチャンスがない』という時代ではなくなったということは明確になっています。

言い換えれば変わろうと考え行動をするのであれば『誰でも変化を起こせる時代』ということです。

ブログを書くことや、YouTubeに動画を投稿すること、SNSに文章や写真をアップすること。それが出来ないということはないはずです。もちろんそれだけで生活と考えるのであればそれ相応の苦労は必要になると思いますが、今仕事をしていて将来的にと考える方も、今すぐにでも、準備が出来るのです。

本当に可能?そう思うのであれば、例えばですが、『こんな記事見つけた』とTwitterに呟いて見てください。

 

本当に呟いたのであれば、ありがとうございます。そして同時につぶやくというアクションを起こしました。おめでとうございます^^

 

恐らくほどんどの方は、読んでいる最中なので、呟くことはなかったと思いますが、そういうことです。

Twitterに投稿する。Instagramに写真を上げる。投資のサイトを見て勉強する。口座開設をする。

どれも決して難しい行動ではなかったりします。その小さな行動の積み重ねの上に大きな成果を言うものが存在するだけであり、小さな行動を起こすことで、収入形態を変化させることは容易なのです。この記事を読んだ皆さんは近い未来にこの記事を良かったそう思えることを願います^^