現状維持思考は将来的な破滅ロード!?自分が何もしなくても社会は成長していく!!

こんばんは!『書きたいことを書く系ブロガー』になりつつある管理人です。

今回も自分が思っていることを思う存分に書いて行こうと思うのですが、世間で時折聞く現状維持という言葉。この言葉ってすごく危険な言葉であり、すごく危険な思考だと思うのです。

何故かって?現状維持って『今のまま』ってことですが、自分が今のままでも社会は成長するではないですか!!

せっかくなのでここ数年で進化した社会を振り返りながら今後どのようにして行くのが良いのかを考えましょう。

現状維持は辞めよう!社会はここまで成長した!

仕事や働き方は大きく変化した

一昔前の時代で言えば、ある程度の学歴や手に職をつけた場合、一生を暮らしていけると言われている時代がありました。その時代を生きてきたのは、俗に言う『バブル時代』と呼ばれる高度経済成長期を過ごした方々です。どんな仕事も絶好調になりやすく、日本全体も景気がいい為、どこもかしこもお金が回る回るな時代。しかし、そのバブルも崩壊し、その時代が幻のような不景気。力のあるものだけが生き残る時代になってしまいました。

一見すると、経済は衰退したかのようにも思いますが、それはどの目線から見るか?という話であり、働き手にとっては過ごしにくいというだけであり、成功するチャンスは実は増えているのです。

というのも、働くことへの不安は実際いくつも起きている世の中で、大手企業なんかでも『副業解禁』なんて言葉が出る時代となっている訳ですが、終身雇用制度の撤廃や副業解禁となった時代の背景で『会社に属していることも不安』という方々が増えてきました。

となると人はいくつかのパターンに分かれるでしょう

  • まぁよくわからないからこのままでいいやというタイプ
  • なるようになると思うタイプ
  • 危機感を感じ未来に対策をしていくタイプ
  • ここがチャンスと思うタイプ

などなど言い出すときりがないタイプが存在します。実際どれが正解になるかなど、未来になってしまわないと分かりませんが、不安を機動力にし、本来のパフォーマンスを繰り広げる人材が世に放たれるということを忘れてはいけないでしょう。

いい変えれば、不景気だからこそ優秀な人材となる人たちが景気を操りだす。ということが起ころうとするのではないかと考えれます。

事実として今の時代では、『一つの会社よりも一人の個人の売り上げ』が高いみたいな状況が増えていますが、100対1で100が負けるという異常な時代です。

何が異常か?その一人が要れば100人の仕事が無くなる可能性があるということです。そんな馬鹿な!!なんて思う方もいるでしょうが事実ですし、100人とまでは行かなくても10人で作る売り上げを一人で作る人はたくさんいるのです。

何かしらの対策をしないと自分の生きる未来はないのかもしれませんよ?

通信機器の高度な発達

これは20代以上の方々であればその時代の変化を体験していると思うのですが、通信機器の成長は私達の想像をはるかに超えています。

例えばスマートフォンですが、管理人が小学生、中学生の頃なんて考えることすらできないものでした。携帯電話と言えば、ほとんど電話とメールをするものでしかなく、調べのにインターネットと言えば、自宅や学校のパソコンで行うといった時代でした。当時で言うとまず、パソコンのある家というのも珍しいものです。

しかし、スマートフォンを含め、通信機器の発達、電子機器の発達により、当たり前のようにインターネットに触れているという時代です。つまり、管理人世代で言えば、一人の人間が成人になるまでの期間に社会は想像もつかない領域まで成長したと考えれる訳です。

今はノートパソコンやスマートフォンといった固形の物がありますが、この先にあるものは形として存在しない可能性があると考えても誰も否定できない訳です。

というよりか既に、スマートフォンやパソコンにおいても『ベゼルフリー』という画面の周りのフレームがほとんどないに等しい商品がありますが、画面とリアル社会の区別がつかなくなるほど高画質な画面が出来てしまったら、本当に形として認識することのない製品が生まれるかもしれませんね?

時代のスピードは未知数。現状維持とは言わず、好奇心を持とう!!

本記事のまとめのようになりますが、はっきり言って自分が天才でもない限り、時代を作ることは不可能でしょう。

しかし、目まぐるしく変わる社会に興味を持つことは非常に重要だと思います。これから来る未来の社会に対し、どのように進化していくのかを楽しみにする気持ち。自分が入れるチャンスがあると感じたら積極的に参加していく気持ちを持つことが大事だと思います。

心から現状維持に入ってしまえば、取り残されることは確実です。未来の自分の為にも今をしっかり楽しんでいきましょう^^

 

本記事が良かったと思えるものでしたらSNSにて、シェア、共有をお願いいたします^^