あなたは可能性というものを信じますか?信じませんか?

信じるも信じないも今自分にある状況が
偶然であるか?必然であるか?
そう考えるのも時にはいいかもしれませんね。

本記事では、人生の可能性を考えていきたいと思います。

人持つ可能性とは

人というの本来何も持たない生き物です。

その性質を考えた時に自分が成長する過程で将来を作るのですが
そのことを考えると、人の持つ可能性は無限大であると言っても過言ではありません。

 

しかし、成長の過程で失敗したり、得意不得意なことを学んだり、体感することで
〇〇はできそう。でも〇〇は出来ないという

自己判断をしてしまいます。

理性と知性を持つ人間である以上。
このような判断は本能でもあります。

可能性は無限大と頭で分かっていても
実は、大人になる。いや様々な経験を積むうえで

『可能性を狭めていることがある』

という現象になります。

では無限の可能性はどうすれば有効に活用できるのでしょうか?

可能性を引き出せる人

可能性を引き出せる人の特徴としては
好奇心や挑戦心が高いと言えます。

好奇心や挑戦心は新たなことを始めるにはとても重要な要素であります。

どんなことにおいてもワクワクした気持ちで取り組める人
可能性広げていきやすい傾向にあると言えます。

どんなことでもそうなのですが
やってみないと分からないもので
苦手と思っていても実は凄い力を発揮することだってあります。

実際、筆者もパソコンは苦手だと思っていたのですが
今はこうしてブログを書いたりすることもそうですが
パソコンで仕事をするようにまでなりました。

もし筆者がこの可能性を信じなければ
この記事がかかれることも読まれることもなかったと考えれば
筆者は一つの可能性を見出しています。

可能性を潰すしてはいけないこと

上記にもあるように可能性は無限大です。
しかし、可能性は狭まることもあります。

要因は様々ですが、一番可能性を潰しやすいことは
『固定観念』『先入観』でしょう。

『〇〇は〇〇だ』という感情は可能性を狭めます

やってもないのにそう決めた段階でそれまででしょう。

例えばですが、野球に対し
難しそうとか、怪我するって感情を持ち

何もしなければ、キャッチボールの楽しみや
バッティングの爽快感、試合に勝つ喜び

そういったものを味わうことは出来ないでしょう。

勿論、その中でも難しく感じることや、
時には怪我をすることもあるでしょう。

ですが野球に限らずどんなスポーツでも難しいことや怪我はあります。

しかし、それでも続ける人は

『楽しい』『上達したい』
という気持ちがあるから続けるのです。

やってみてこの感情を持てばそれは良いことですし

やってみても尚、難しい、怪我が嫌だ。そう思ったのであれば

向いていない。そう思えます。

これがスポーツではなく
仕事やビジネスであれば
『お金を手にすることもある』
ということも考えれます。

今はユーチューバーやインスタグラマー、ブロガーなど
個人事業として成り立つ仕事が増えつつあります。

先入観で難しい、稼げるのは一部だけと考え、
その可能性を捨ててしまえば
この先に同じ可能性を拾うことは出来ないでしょう。

特に自分が気付いていないだけで凄く魅力的な能力がある場合、
とりあえずやってみようが仕事になることだってあります。

わかりますか?

しないという選択肢をした場合のみ、
可能性が無くなるのです。

可能性が広がれば人生は楽しくなる

言わずもがなではありますが
自分の持つ可能性が広がることによって
見える世界は変わります。

  • 付き合う人が変わるのか
  • 収入が変わるのか
  • 考え方が変わるのか

変わるものはどの可能性を取るかで異なりますが
変わるものが何であれ変われば、勿論世界が変わるのですから

新しい自分と出会うことが出来ます。

今が楽しいならもっと楽しめる
そういう最高の人生を生きる為にも

一度可能性と向き合って見ませんか?

この記事を読んだあなたにとって

一つのきっかけとなれば嬉しいです。

それでは人生に幸あれ