こんばんは。管理人TAKU(@takulog0712 )です。

『Life Cooking』人生を料理しようという今回のテーマ(例えやすいのが料理だっただけ)ですが、

やはり何かを考えるということは非常に大事なことです。

ただただ漠然と自分の生き方なんて考えても実はよく分からないものです。

 

そんな時に何か例えを作ることでより多くの発想を生むことにも繋がります。

では今回は料理をテーマに

自分の人生を作る為の考え方を料理していきましょう。

Life Cooking~料理に必要な食材を考える~

料理をする上で必要な物はやはり食材

何を作るか?それによって選ぶ食材は変わります。

 

また料理には、必ず主食があります。

 

もちろん自分を調理するならば常に主食は『あなた自身』

その主食にどんな盛り合わせをするか?

 

それは『仕事』であり『友達』であり『遊ぶこと』でもあるのです

言い出すときりがないので

『自分』『仕事』『人間関係』『環境』の4つの食材を考えましょう。

 

皆さんならどんな料理を考えますか?

自分という食材

さてここは一番大事。

料理においての主人公『主食』。人生で言えば『自分』です。

 

種となる部分をご飯にするか、パンにするか、それともパスタ?

それだけで組み合わせる食材を変える必要があります。

 

自分を料理するならば、その料理のメインになる食材を考えましょう。

仕事という食材

人生を生きていく上で大事なのは

『どんな仕事をするか』ですね。

 

人により答えは様々ですが、人生の半分以上を仕事で過ごす可能性がある以上

やはりここがメインディッシュ

 

主食で『ご飯』と考えるなら『おかず』
パンなら・・・パスタなら・・・(わかりません。勉強します。笑)

ここを『肉』『魚』などから一つ選びます。

 

なんで一つ?

 

基本仕事は一つでしょう。

何個もしている方は仕事の数だけ考えましょう。

 

毎日同じは飽きる

ここまでしっかりと考えた方何か気付きませんか?

 

例えば、自分をご飯と考え、仕事を肉と考えた方。

 

人生は『ご飯と肉』で出来上がります。

他に何を選んだかはわかりませんが

『自分の好きな選択をしているはずです』

 

だから『ご飯×魚』とか『パン×〇〇』『パスタ×〇〇』

みたいな構成が出来ていると思うのですが

 

好きな選択をしているが

一生その組み合わせ

って言われたら飽きませんか?

 

中にはもう見たくない!!なんて思う人もいるはずです。

 

特に

仕事面白くない・辞めたい

って考える人。

 

そうですよね?この記事での料理は

自分×仕事

なんですから

 

何が言いたいかわかりますか?

自分が毎日同じものを食べることを望むような料理でなければ

自分の好きな物でも飽きてしまい、嫌になる。

 

仕事ってのもそういうものです。

 

自分がしたいことをしてれば楽しいですが

生きる為なんて考えると

飽きたりするのは必然です。

 

ご飯は食べなきゃ体がもたないって理屈と同じです。

 

料理はレパートリーが大事

上記にもあるように、余程好きでないと嫌になってしまうのは人間です。

どんなに肉が好きでも、来る日も来る日も肉だと嫌になります。

時にはあっさりしたものとかも欲しくなります。

 

だからこそ人生においてもレパートリー作ることが大事です。

 

それは『人間関係』『環境』です。

 

仕事を変えるのは容易かも知れませんが

自分の本質なんてものは意外と変わらないものです。

 

ですから、簡単に変えることが出来る

この人間関係と環境で料理のレパートリーを増やすことが必要になります。

人間関係という食材

友人・家族・恋人・先輩・後輩・同僚

人生において人と出会う機会というのは必ず存在します。

 

その人生において出会う人に対し

自分の料理にプラスに作用する人と上手く付き合うかというのは非常に大事です。

ここでは『調味料』みたいなになります。

 

例えばですがあなたの料理に『』が足りないとなった時

『塩』となる人と出会えばあなたの料理はおいしさを増します。

 

しかし『砂糖』『酢』のように違う調味料を入れた場合

あなたの料理は思ったような味になるどころは

場合によっては食えないものになり兼ねません。

 

そういう意味では自分の出会う人間と出会った人間との付き合い方によっても

自分の良さを引き出すことも可能ということです。

 

自分を変えるきっかけの人とは上手く付き合うことをオススメします。

環境という食材

環境というのは恐ろしくそして素晴らしい。

何もかも変えてしまう事が出来る要素です。

 

和食がイタリアン、イタリアンを中華、中華をフレンチ

なんて同じ食材でも作る料理を変えてしまうのです。

 

環境を変えるとなると『引っ越し』を思い浮かべる人もいますが

引っ越しって簡単じゃないですし、失敗したら地獄です。

 

環境を変える方法ってもっと簡単に言えば

今までしなかったことをするとか

そういうことでも変わります。

 

要するに

見る景色を変えればいいのです。

 

いつも車で通るところをたまに歩いてみたり

 

そんなことで小さなことではありますが

環境は変わります。

 

部屋のレイアウトを変えるとかでもいいです。

 

もう一度言いますが

見る景色が変わればいいのです。

 

休日に散歩や旅行、模様替えや

朝早く起きて遠回りして目的地に行くとか

 

普段とは違う生活を心がけましょう。

自分という料理に価値をつける

料理に価値をつけるといっても難しいのでかみ砕くと

 

〇カレーしかない店
〇カレーもあるラーメンもある、サイドメニューも豊富

 

毎日行くならどっち?

みたいな話になるのですが

 

自分自身の料理のレパートリーが増えることによって

あなたの価値というのは必然的に上がるのです。

 

その価値を提供するかしないかは自由ですが

 

〇価値がなく提供できない
〇価値はあるけど提供したくない

 

であれ同じ提供しないという選択でも内容が違うでしょう。

 

これは自分の心の余裕にもなり、また自信にもなります。

 

いつでも価値を生み出せる人間はどこにいても輝けます。

 

自分の人生を上手く料理して

『価値のある料理(人生)を楽しみましょう』

 

Today Life Cooking End

See you Again