こんばんは。管理人TAKU()です。

人には、生まれてから死ぬまでの寿命というものがあります。

この生命の秩序は、どんな国に生まれ、どんな家庭に生まれようが関係なく存在します。

つまり、生命は常に時間の概念の上に生を無し、またそれは平等に与えられしものでしょう。

つまり、時間というのを如何にして制するか?というのも人生を大きく変えるきっかけの一つであると言えます。

時間を買うことは可能?不可能?

この平等に与えられた時間。

より多くの時間を欲するのもまた人間の定。

では、この時間を買うことは可能でしょうか?

答えは「Yes」でもあり、「No」でもある。

正確には、買うことが出来る時間と、不可能な時間が存在します。

買うが出来るか?出来ないか?という点に関しては

まず「時間軸」というところから説明したいと思います。

主となる時間軸の概念は3つ

主に時間軸として存在するのは

「過去」「現在」「未来」

です。この3つの時間軸は皆さんご存知だと思います。

この中で変える事の出来る時間軸は「未来」

変える事が不可能な時間軸が「過去」

であるというのはわかると思います。

また過去があり、現在があり、未来があるという時間の流れも変わりません。

時間とは常に「現在進行形」であるという事です。

未来の中でも変える事が出来ないものがある

未来の中でも変える事が出来るもの出来ないものがあります。

変える事が出来る未来というのは主に「変動させることが可能な事」であり

仕事や収入、住む場所などは変える事が出来

もう少しいうと

『今の職場で10年働いたら年収〇〇円になるであろう』

という未来は「職場」を変える事で変える事が可能です。

では変える事の出来ない未来というのは一体どのようなものか?

時間が経たないと得れないものです。

「年齢」などといった時間が経過することで得られる未来は変える事は出来ません。

これらのことを踏まえてどんな時間は変える事が可能なのでしょうか?

目的・手段が変動型の未来の時間は買うことが可能

ここからが今回の本題にもなる

時間を買うという概念についてです。

上記で時間について簡単にお話しましたが、

買う事の出来る時間は「目的・手段が変動型の未来」となります。

目的・手段とは一体?

例えば、「明日東京に行く」という目的に対し

飛行機・新幹線・車など様々な手段で行くことが可能です。

実際どの手段を選んでも同じ目的地には到着しますが

到着までの時間は、手段により異なります。

この手段により異なる選択肢がある未来に関しては買うことが可能です。

例えばですが、新幹線と深夜バスで大阪ー東京間を移動するとなる場合

深夜バス:8~9時間
新幹線:3時間半~4時間

また料金は

深夜バス:3000円~6000円
新幹線:1万3000円~2万円

辺りになります。

この2つの手段を比べた時

深夜バスに対し、新幹線は約2倍から4倍の値段はかかるが、到着時間を半分にすることが可能であり。

この現象が『時間を買う』という事になります。

買いたい時間を上手く変えるようになろう!!

時間を上手く買うことが出来るようになることで

自分の欲しい時間を上手く作ることが可能になります。

時間がないと思う方は、様々なシーンで変える時間がないかを探してみて

時間短縮をしていけるように心がけましょう^^