facebookとは?特徴を捉えて使いこなそう!!利用者数や年代も合わせて解説!!

こんばんは。管理人()です。

今回は年齢層が今主流となるSNSでも比較的に高いFacebookの特徴などをお話していきたいと思います。ブロガーなどで使用している人は少ない印象ですが、Twitterと異なる点も多くまだまだ可能性のあるSNSです。上手く使いこなすことにより、マーケット拡大のチャンスになりますね!!

Facebook詳細

Facebookの基本的な機能はこちらになります。

ユーザー数(MAU) 約2,800万人
ユーザー層 10代が極端に少なく40代中心で男性がやや多い
3大SNSの中では60代の利用が最も多い
位置情報 投稿時に設定可能
メッセージ 【メッセンジャー】
友達・友達じゃない人に送信可能
フィードの仕組み 独自のアルゴリズムにより時系列で表示されない
いいね機能 いいね!ボタン
コメント機能 投稿にコメント可
シェア機能 シェアボタン
機能が届く範囲 友達・友達の友達まで届く
(Facebookページはページファンに届く)
フィードに流れやすい投稿 友達の投稿・友達が『いいね!・コメント・シェア』した投稿、ページ

Facebookユーザーの使用傾向

ユーザーはどのようにFacebookを使用することが多いのかを以下にまとめてみました。

投稿の種類 テキスト(リンク)
テキスト+画像
テキスト+動画
位置情報 よく付ける文化
ハッシュタグ 文化的にあまり根付いていない
繋がり 実際の友達・仕事関係の人が中心
(ある程度面識がある人が多い)

Facebookの特徴

Facebook特有のポイントをまとめてみましょう。

Facebookポイント
  • エッジランクにより投稿が時系列で表示されない
  • 友達の投稿に加え、友達が『いいね!・コメント・シェア』した情報がよく流れる
  • 実際の友達だけでなく仕事上の関係の人も繋がる

FacebookやFacebookページを運用する際に鍵になるのは、やはりエッジランクと友達の友達に投稿が届くコミュニケーションの仕組みです。エッジランクにより、投稿のタイミングだけでなく投稿単体の評価が重要であり、またFacebookでは『〇〇さん(友達)がいいね!と言っています』といった形で、他人の投稿が流れてくることもよくあります。

ファンとの距離だけでなく、ファンの先のコミュニティも意識した、コメントなどのコミュニケーションが発生しやすい投稿をしていく運用ができます。

Facebookの重要指標:リーチ率とエッジランク

Facebookにおける重要指標は『リーチ率』、そしてリーチ率を高める為に重要となるのが『エッジランク』です。エッジランクとは、タイムラインにそれぞれのユーザーの興味関心にマッチした情報を表示する為のアルゴリズムのこと。

リーチはこのエッジランクによってコントロールされている為、Facebookの友達やファンが多くても、エッジランクが低い場合、リーチ数は下がります。リーチ数を上昇させるには、ユーザーのエンゲジーメント獲得などでエッジランクを高める必要があります。

Facebook運用での重要項目

1:投稿の改善

まずは、エンゲジーメント率(1投稿辺りのいいね数、コメント数、シェア数といったユーザーの反応)を上げることが重要です。既存のコンテンツのブラッシュアップ、そしてよりユーザーの惹きつける新規コンテンツの導入をしていきます。

2:投稿タイミングの改善

投稿のリーチ数を上げるには、投稿時間も重要な要素の一つです。実際にエッジランクを決める要素には時間(投稿されてからの経過時間といいね!などのリアクションからの経過時間)も含まれています。ユーザーに一番リーチする曜日や時間帯を検証し、投稿のタイミングを改善してよりよいエンゲジーメント率を上げましょう。

3:リーチの拡大

1、2のステップを通してエッジランクを上げることで、よりリーチが拡大していきます。ここで投稿に反応しているユーザーを検証し、コンテンツのブラッシュアップしていきましょう。そのユーザーと近い人たちをターゲットとして『Page Post Ad(投稿へのいいね!を促進する広告)』を出稿するのもひとつの手です。

4:エッジランクの改善

こうしてエンゲジーメントが得られる投稿のリーチを広げることで、エッジランクが改善されます。エッジランクが高まると、ページにいいね!をしているのに投稿が届かなくなっていた休眠ファンにも再びリーチできるようになります。

5:リーチ率の上昇

こうしてエッジランクを高めることで、結果としてリーチ率も上昇します。

まずはエンゲジーメント率を上げることで、そして検証を重ねてリーチを上げることでエッジランクは高めることができます。エッジランクを上げれば自ずとリーチ率も改善されていきますので、このリーチ数を重要指標として成果を測っていきましょう。

Facebookの投稿頻度と時間帯

Facebookのエンゲジーメントを増やす為には、ユーザーがFacebookを見るタイミングで投稿することが重要になります。

年齢層が高いFacebookでは、ユーザーも社会人が多いという点もあり、過去のデータでも『出社前』『帰宅後から就寝前まで』の時間帯が多いそうです。つまり朝もしくは夜にターゲットユーザーに適していそうな時間帯に投稿することで、リーチし易くなります。

facebookのアルゴリズムにより、ニュースフィードはターゲットに適した内容で質の高い投稿が望ましいです。反対に質を意識せず、量を投稿してもエンゲジーメントは伸びないということです。またテキストのみ投稿よりも、画像や動画などを含んだ投稿の方がよりリーチし易いと言われていますので、内容にあった画像や動画などを可能な範囲で取り入れましょう。