大変便利なAndroidタブレットですが、文字入力がしづらいという人も多いのではないでしょうか。そこで、Androidタブレットに接続してパソコンのように文字入力できるキーボードを紹介します。ぜひあなたにぴったりの商品を見つけてください。スマホよりも大画面で、パソコンよりも持ち運びのしやすいAndroidタブレットは製品が出揃ってきたこともあって、使っている人は多いのではないでしょうか。Androidタブレットはそれ単体でも非常に便利なものですが、キーボードが付属していないため、長い文章の入力は得意とは言えません。パソコンのキーボード入力と同じ感覚で入力できたらいいのに、と思う人もいると思います。

Androidタブレットも、外付けのキーボードを接続すれば、パソコンと同じような感覚で文字入力をすることが可能となります。そして現在、Androidに対応したキーボードは多数発売されています。

ここでは、それらの特徴や、選び方について詳しく見ていくとともに、おすすめの商品も紹介します。ぜひ、あなたのAndroidタブレットにも、キーボードを接続して文字入力環境を快適にしましょう。

Androidタブレット対応のキーボードの選び方

自分にぴったりの商品を見つけるために、まずはAndroidタブレット対応キーボードの選び方を見ていきましょう。タブレットとの接続方式や持ち運びのしやすさ、形状など、さまざまな選び方があります。

タブレットへの接続方法で選ぶ

まず、タブレットへの接続方法で選ぶやり方を見ていきましょう。ここでは、BluetoothとUSBで接続する方式のAndroidタブレット対応キーボードを紹介します。

Bluetoothで接続するタイプ

ワイヤレス接続できるBluetooth機器は、最近になって数多く発売されています。Bluetooth接続は、ケーブルで繋ぐ必要がないため、使いこなしや、持ち運びがスマートに出来るというメリットがあります。もちろん、ケーブルが絡まるようなこともありません。

Bluetooth接続する機器は、ペアリングという設定作業を行って、接続を確立します。一度、ペアリングをすれば、解除するまでは接続した状態が持続されます。Androidタブレットに対応したBluetooth接続のキーボードは、本体に乾電池を入れて使用するものや、USBで充電して使用する商品があります。

USBで接続するタイプ

USB接続は、昔からあるオーソドックスな接続方式で、接続する機器双方をUSBケーブルで繋いで使用する方式です。現在発売されているキーボードのなかでも、USB接続方式の商品ラインナップは非常に充実しています。

USB接続方式の機器は、接続時の設定が不要で、USBケーブルで繋ぐだけで簡単に使えるというメリットがあります。接続先のデバイスから電源を供給できるUSBバスパワーに対応しているキーボードであれば、充電切れを心配する必要もなく、また、電池交換の必要もありません。

持ち運びやすさを重視して選ぶ

Android対応キーボードを選ぶ際には、接続方式ではなく、持ち運びやすさを重視して選ぶという考え方もあります。持ち運びやすさを重視するのであれば、キーボードの重量とサイズに注目しましょう。

最近は持ち運びしやすい小型のAndroidタブレット対応キーボードも多数発売されています。また、未使用時には折りたたんでコンパクトにすることができる商品もあります。

せっかく持ち運びしやすいAndroidタブレットを使っていても、キーボードが大きくて持ち運びしにくいという状態では、意味がありません。Androidタブレットとキーボードを使って持ち運びもしやすくしたい場合は、コンパクトなサイズのものや、折りたためるタイプのものを選ぶと良いでしょう。

ケースやカバーが付いているものを選ぶ

Androidタブレットとキーボードを接続して、PCのようにして使いたいのであれば、ケースやカバーが付いているものを選ぶと良いでしょう。

ケースにAndroidタブレットをセットすることによって、まるで2inPCのようにして使用することができます。タブレット本体の保護や、タブレットを立てかけて使う事ができるカバーが付いているキーボードも多数発売されています。

タイピングしやすさを重視して選ぶ

Androidタブレットに接続するキーボードも、タイピングのしやすさが重要なのは言うまでもありません。自分に合った打ちやすさのものや、キー配列のものを選ぶようにしましょう。

タイピングのしやすさを判断する基準としては、キー自体の幅を示す「キーピッチ」、キーを押したときの深さを示す「キーストローク」の値に注目しましょう。

キーピッチが極端に小さいと、キーが打ちづらくなってしまいます。そして、キーストロークは打ち心地に影響します。もし、ノートパソコンと同じ打ち心地を求めるのであれば、多くのノートパソコンのキーボードに採用されているパンタグラフ構造の商品を選ぶと良いでしょう。

また、誤って同時に複数のキーを押してしまうことを防ぐアイソレーション機能を搭載している商品もあります。よく打ち間違いをしてしまうような人は、このような商品も選択肢に入れると良いでしょう。

キー配列には、大きく分けて「日本語配列」と「英語配列」があります。この2つは、記号などの配置が違います。一般的に日本国内で日本語に対応したアプリを使用するのであれば、「日本語配列」がおすすめですが、自分が使い慣れている配列のものを選ぶと良いでしょう。

Androidタブレット対応キーボードおすすめ5選

ここらかは、Androidタブレット対応のキーボードおすすめ5選をお送りします。選ぶ際にポイントとなる特徴があって、持ち運びしやすい商品から選びました。ぜひ、あなたにぴったりのキーボードを見つけて下さい。

ロジクール K380BK Bluetooth ワイヤレス キーボード

パソコン関連商品でも定評のあるロジクールの製品です。持ち運びやすい軽量コンパクトタイプで、アルカリ単4電池2本で最長2年間使用することが可能です。

最大3台の接続デバイスをワンタッチで切り替えることができるようになっているため、パソコンやタブレット、スマホなどの複数機器で使用したい人にも便利な商品です。薄さ16mmというコンパクト設計でありながら、キーピッチは18mm、キーストロークは1.9mmとなっていて、タイピングのしやすさを確保しています。

エレコム キーボード Bluetooth ミニ パンタグラフ 薄型

エレコムから発売されている持ち運びがしやすい薄型軽量タイプのBluetooth接続キーボードです。単4電池2本を使用します。キータイプは、ノートパソコンと同じ「パンタグラフ方式」を採用しています。

キーボード本体はコンパクトでありながら、19㎜という十分なキーピッチで、快適にタイピングすることが可能となっています。カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、ブルーの3種類があります。

iClever Bluetoothキーボード 折りたたみ式 IC-BK11

持ち運びしやすい折りたたみ式で軽量のBluetooth接続キーボードです。タブレットを立てかけることができるスタンドが付属しています。

2つ折りにできるコンパクトな商品でありながら、あると便利な「Delete」キーと「Backspace」キーも付いています。 本体には、指紋が付きにくいアルミ合金を使用しているため、汚れが目立ちにくいうえに、見た目の高級感と耐久性を兼ね備えたキーボードとなっています。

意図していないキーの同時押しを防ぐアイソレーションデザインを採用することによって、快適にタイピングしていただくことができるようになっています。カラーバリエーションは、ブラックとシルバーの2種類です。

Ewin 新型 Bluetoothキーボード 折りたたみ式

コンパクトでありながら、アイソレーション設計を採用していて、タイピングが快適なキーボードです。折りたためるスタンド付きで、タブレットを立てかけることができます。

防水性と防塵性、耐久性も兼ね備えたレザーを採用していて、折りたたむと財布のような見た目となります。高級感もあって、ビジネスシーンにもぴったりの商品です。

キーボード本体を開閉することによって、自動的に電源ON/OFFされる仕様となっています。フル充電で、約60時間の使用が可能です。

Ewin 8-8.9インチタブレット汎用 キーボードケース Bluetooth

8~8.9インチのタブレットに対応した、持ち運びしやすい超軽量タイプのキーボード付きケースです。四隅のバンドで、タブレットをしっかり固定できるようになっています。

マルチタッチパッドを搭載していて、マウスがなくても感覚的な操作が可能となっています。また、キーボードは、高品質ABSキーとパンタグラフ方式を採用していて、タイピング時にカチャカチャという音がしづらく静かに使用することができるうえ、ケースからの脱着も可能です。

ケース背面部には、スタンド機能を装備していて、画面のタッチ操作がやりやすいうえに、長時間の動画視聴などにも便利な商品です。USB充電ポートも搭載していて、USBによる充電が可能です。充電用のUSBケーブルも付属しています。

タブレットにキーボードとマウス接続で便利に

Androidタブレットとキーボードを接続すれば、Androidタブレット単体よりも便利に使用することができます。さらにタブレットには、必要に応じてマウスを接続することもできます。

作業内容によっては、マウスを接続すると、タブレットがより便利になります。万一、タブレットの画面を割ってしまって操作ができなくなった場合も、マウスを接続すれば、操作をすることが可能です。

無線キーボードと有線マウスで操作が快適に

キーボードとマウスの両方をBluetooth接続することは可能です。しかし、このようなBluetooth機器の複数接続は、Bluetoothに負担がかかって接続が切れてしまったり、一時的に使用できない状態になったりすることがあり、おすすめできません。

使用している最中に接続が切れてしまうようであれば、作業効率的にも気分的にも悪影響が生じてしまいます。そのような事態を防ぐために、もしAndroidタブレットでマウスを使用するのであれば、microUSBで接続できる有線マウスを使うと良いでしょう。

このようなことから、Androidタブレットで、キーボードとマウスを使用するのであれば、無線接続できるキーボードと有線接続のマウスという組み合わせがおすすめです。

Androidタブレット対応のおすすめマウス

ここからは、Androidタブレットに対応したおすすめのマウスを紹介します。有線接続で使用することを前提として、接続方式がmicroUSBの商品を選びました。タブレットでもマウスを使いたいという場合は、ぜひ参考にしてみてください。

サンワダイレクト microUSBマウス 400-MA063BK

タブレットに接続するだけで、難しい設定などが不要で簡単に使えるmicroUSB接続マウスです。最大65㎝の巻き取りケーブルで使用時の長さを調節できます。未使用時はコネクタ部まで本体に収納できるため、コンパクトで持ち運びにも便利です。

カラーは、ブラックとレッドの2色があります。パソコンでも使用できるUSB変換アダプタが付属しています。どのような状況でも認識しやすいブルーLEDセンサーを搭載しているため、膝上などでも操作可能です。外出先で使用することが多い人でも、あらゆる場所で使用していただくことができます。

サンワダイレクト microUSBマウス 400-MA075BK

コンパクトな手のひらサイズで、2ボタンとスクロールホイールを搭載したマウスです。ケーブルが巻取り式で、使用時の長さを調節することができるようになっています。未使用時は、USBコネクタ部分も含めて本体裏面に収納できるようになっているため、持ち運びにも便利な商品となっています。

マウス本体のケーブルのコネクタ形状は「USB A」ですが、付属のmicroUSB変換アダプタを使用することによって、Androidタブレットと接続することができます。

Androidタブレットのおすすめキーボードを見つけよう

Androidタブレットにキーボードを接続すると、文字入力の効率が格段に向上します。そのため、特にメールや文章を書く機会が多い人には、Androidタブレットとキーボードを組み合わせた使い方がおすすめです。細かい作業が多いようであれば、マウスも接続するとさらに操作性が向上します。

Androidタブレットに接続可能なキーボードは多数発売されていて、さまざまな特徴を持った商品のなかから選ぶことができます。Androidに接続するキーボードを選ぶ際には、接続方式や持ち運びやすさなど、自分が重視するポイントで選ぶと良いでしょう。ぜひ、あなたが使っているAndroidタブレットにおすすめのキーボードを見つけましょう。