パソコンやスマホ、タブレット、ゲーム機など、ネットを使って楽しむツールが多くなってきましたが、そこで気になるのがインターネットの月額利用料金です。使う人の人数や利用料、データ使用量を検討して便利に使える環境を整えましょう。

Wi-Fiは何を基準に選ぶべきか

自宅にWi-Fi環境を構築しようと思ったときに気になることは、なにを基準にして、無線ルーターなどの機器を選んだり、回線の契約内容を選べばよいかということです。無線ルーターは、多くのメーカーから発売されていて、価格の幅も性能もバラバラです。

無線ルーターはシンプルなものだと、見た目はどれも同じように見えてしまうので、購入するときにどれを買ったらよいのか迷ってしまいます。

ここでは、無線ルーターや回線の契約内容の選び方やおすすめなども紹介します。自分のライフスタイルに合ったインターネット環境を作れるように、必要な情報をしっかり調べて快適なWi-Fiライフを作ってみてください。

Wi-Fi契約プランを選ぶときのおすすめポイント

Wi-Fiの契約プランもさまざまあるので、どう選ぶべきか迷ってしまうものです。ここでは、Wi-Fiの契約プランを選ぶときに何に注目したらよいかをみていきましょう。

スマホのキャリアと合わせる

今おすすめのインターネット回線は「光回線」です。少し前には、ケーブルテレビやADSLなどを使って、インターネットの環境を作っていましたが、早くて便利な光回線に変えている人が多くなりました。光回線を契約するときには、ほとんどの人が契約している、スマホのキャリアに合わせて回線を選ぶと、割引きが受けられます。

ドコモ、ソフトバンク、auは、それぞれのキャリアごとにスマホの料金を割引きしてくれる回線を持っているので、契約している人数分だけお得に利用できます。大手3社のキャリアでは、モバイルWi-Fiの取扱いもしているので、合わせて契約をすると携帯代金の割引きをしてもらえます。

工事費用がかからない時期に契約する

光回線を引くためには工事が必要になります。工事といっても近くの電柱から家の中まで、回線を引き込んでくるだけの簡単なものなので、時間も1時間くらいで終わります。エアコンのダクトなど既に穴があいているところから線を通すので、壁に穴をあけるなどといった大がかりなものではありません。

しかし、その工事費用は3万円程かかる場合が多く、初期費用がかかることを抑えるためのキャンベーンを各社それぞれにプランニングしています。工事費用のキャンペーンは、キャッシュバックや月額利用料の値引きといった方法で実質無料になる契約が多くなっています。

乗り換えるときに発生する違約金を、計算に入れたキャンペーンを作っている会社もあります。それらを上手に使うことで初期費用を少なく済ませられるので、事前にキャンペーン内容をチェックすることは大切です。

データ容量が多いものを選ぶ

Wi-Fi環境は自宅に固定のものを構築したほうがいい場合だけでなく、使用量の大きなモバイルWi-Fiを契約して、外出先と自宅とで便利に使う環境を作ったほうがいい場合もあります。たとえば、一人暮らしの場合など、一人だけでWi-Fiを使う場合はあえて自宅に固定のWi-Fi環境を構築する必要はありません。

固定のWi-Fi環境を作るよりも、モバイルWi-Fiのデータ容量が多いものを契約して持ち歩いたほうが安い料金でインターネットを便利に使える場合も多いです。1カ月で十分使えるデータ容量の多いものや、上限がないものを選んで契約し、Wi-Fiを持ち歩くようにしましょう。

保証が充実しているものを選ぶ

モバイルWi-Fiを契約するとき、オプションで付けておいたほうがよいものに保証サービスがあります。なるべく内容が充実している会社と契約しておくことで、長期間使うものなので安心できます。Wi-Fiは、毎日持ち歩くものなので、落としたり、水に塗れたりして壊れてしまうということもあります。

注意して使っていても、万が一起こる不測の事態はあるので、保証内容が充実していて、さまざまな条件下での故障も、きちんとアフターフォローしてもらえる会社と契約すると、安心して使用できるでしょう。

必要のないオプションには加入しない

モバイルWi-Fiの契約をするときには、スマホの契約のときのように、さまざまなオプション契約が用意されています。必要でないオプションに加入してしまうと、安く便利にインターネットを使うために契約したのに、「実は高いものになってしまっていた」ということにもなりかねません。

月々の契約なので、数百円のオプションでも12カ月分×2~3年となると、かなりの金額になります。よって、オプションに加入する場合は、それが本当に必要なものかを考えて決めて、なるべくお得にインターネットを楽しめるようにしましょう。

おすすめのWi-Fiルーター

初めてのWi-Fiルーターは、設置場所に困らないコンパクトなタイプのものを選ぶと便利です。パソコンやタブレット、ゲーム機など、インターネットで使いたい機器を、簡単に設定して使えるものを選んでみてください。

I-O DATA data WN-G300R3

利用環境は2階建て、3LDK向けと一般的な家庭で使いやすく、パソコンやゲーム機などの接続が、WPSボタンを押すだけで簡単にできるので、設定に手間がかからない便利なWi-Fiルーターです。最大下り速度が300mbなので、速くてサクサク便利に使えるというわけではありませんが、価格が安いので、手軽に使用できる初心者向きのルーターです。

本体のサイズは125(W)×98(D)×27(H)mm、重量が130gとコンパクトなので、設置する場所にも困らず、Wi-Fiをはじめて使う人にはおすすめのルーターです。

BUFFALO WSR-300HP

本体のサイズが140(W)×140(H)×31(D)mmで、重量が232gとコンパクトサイズで、最大下り速度300mbの使いやすいWi-Fiルーターです。速くてサクサク使いやすいというよりは、低価格で設定の方法も簡単なので、Wi-Fi初心者の人向けのお手軽なルーターです。

初期設定の方法や、利用しているときに起こる問題などは、「Dr.Wi-Fi」というアプリで、解決まで誘導してくれるので、はじめてWi-Fiを使う人にもおすすめです。

ELECOM WRC-1167GHBK-S

2階建て3LDKの間取りで使えるWi-Fiルーターです。最大下り速度300nbなので、電波も途切れにくく、便利に使えます。本体サイズは130(W)×26(D)×182.5(H)mmで、重量が約230gとコンパクトなので、設置場所に困らないこともうれしいポイントです。

TP-Link AC1200 デュアルバンド 無線LANルーター Archer C50

モダンなデザインのWi-Fiルーターで、4本の高性能な外部アンテナが、無線接続を安定させてくれます。アンテナを立てると横方向に信号を集中させ、アンテナを倒せば縦長の信号に強くなるので、使い方や置き方を自由に決められます。

背面部分には、4つの有線LANポートを搭載しているので、より速度を求めたいときには、複数の有線での利用ができてとても便利です。

ポケットWi-Fiがおすすめな理由

どこででも手軽に使用できて人気のポケットWi-Fiが人気ですが、おすすめしたい理由を解説します。

通信制限が比較的緩い

WiMAXとワイモバイルで無制限プランでの契約をした場合、3日間で利用した通信量が10GBを超えてしまうと速度制限が掛かってしまいます。しかし、通信制限がかかる時間帯が翌日の18時~2時ごろまでと短く、制限されている間は下りが1Mbpsに減速されてしまいます。

この速度は、YouTubeの通常画質なら止まらない程度に見られるくらいの速度です。低速の制限中でも、あまり苦痛なくネットを使用できる通信制限の緩さはハードユーザー向けともいえます。

下りの最大速度が速い

動画を見たり、ゲームをするときに重要になる下りの通信速度の速さからも、ポケットWi-Fiはおすすめです。下りの最大速度は375~708mbpsとキャリアによって大きな幅があるので、契約時にはしっかりと確認する必要がある項目です。

ただし、これは「最大速度」なので、通常使用しているときは、その速度よりかなり落ちます。WiMAXは下り最大通信速度が708mbpsと、モバイルWi-Fiの中では最速なのでおすすめです。

通信エリアが広い

ポケットWi-Fiの無制限プランを、快適に利用できるエリアの広さはWiMAXが一番広く、関東南部で見ると千葉県の一部以外はしっかりカバーされています。契約するときには、各キャリアの通信エリアをしっかり調べて、自分の生活圏内がどれだけ対応されているのかを、確認してから契約することが大切です。

一度契約すると、契約期間として2~3年は縛られるので、ポケットWi-Fiの場合には、レンタルして数日使える会社を選ぶこともおすすめです。また、契約後数日間の解約に違約金がかからないといった、使いやすい契約内容の会社もあるので、通信エリアの確認をして電波状況が悪かったときの対応なども調べておきましょう。

月額費用が安い

月額使用料を無制限プラン(ドコモは30GBプラン)で最新機種を使った場合のWiMAX、ワイモバイル、ドコモの3社で料金を比較してみます。WiMAXの実質月額使用料は3,407円で、ワイモバイルは4,885円、ドコモは10,499円になります。WiMAXが、ほかの2社との料金と比べて格段に安い理由は、最新端末を利用しても、端末代が0円で使えるというところにあります。

一度契約すると契約期間は2~3年は継続して利用しないと違約金が発生することになるので、月額使用料が安く、最新の端末を無料で使えるWiMAXはおすすめです。月額費用の安さと使用量の大きさを、しっかり考慮して決めましょう。

最低利用期間が短い

ポケットWi-Fiもスマホと同じように、一定期間契約を継続していないと、違約金が発生します。その最低利用期間(使用期間)は、WiMAXとドコモが2年で、ワイモバイルは3年になっています。Wi-Fiの端末もスマホと同じように、2年経てばバッテリーなどが劣化して、不具合もいくつが出てくることがあります。

端末を新しくするときに、なるべく少ない費用で済ませることも考えて、最低利用期間は、なるべく短い契約をすることががおすすめです。

おすすめのポケットWi-Fi

ポケットWi-Fiは、月額使用料が3,000円くらいのものを選んでおくと、大きな負担にもならないのでおすすめです。1カ月のデータ使用量に制限のないタイプを選ぶと、自宅でも外出先でも、好きなだけインターネットを使えて便利です。

Broad WiMAX

月額データ容量が7Gのライトプランと、データ容量に制限のないギガ放題プランの2つの料金プランを選べる、Broad WiMAX。ライトプランの月額料金が2,726円(最大25カ月)、ギガ放題プランの月額料金は3,411円(最大3カ月は2,726円)で、契約後のプラン変更が可能になっています。

契約者の93%が、ギガ放題プランを契約しています。契約期間が3年間なので縛りは長く感じますが、最新端末も無料で使用できます。「Speed Wi-Fi NEXT W05」を使えば、下りの最大速度が708mbpsなので、ストレスなく使うインターネットが楽しめます。

GMOとくとくBB WiMAX2+

月のデータ使用量に上限のない「GMOとくとくBBギガ放題プラン」が、1~2カ月は月額2,590円(通常月額よりも1,673円割引)、3~24カ月目までは3,344円(通常月額よりも919円割引)になっています。申し込みから20日以内ならば、違約金無料でキャンセルができるので、はじめて使う人でも安心して契約できます。

端末の料金は、すべての端末が無料なので、「Speed Wi-Fi NEXT W05」を選ぶと、下りの最大速度が708mbpsと、とても使いやすいインターネット環境が作れます。

So-net モバイル WiMAX 2+

1カ月のデータ使用量に上限のない「Flat ツープラス ギガ放題(3年)」が1~36カ月まで月額4,179円で使えます。端末が無料で利用でき、22カ月目以降は、無料で最新機種と交換してもらえます。また、契約期間は3年と長めです。

しかし、端末の劣化による不具合が増えてくる22カ月目以降なら、端末の機種変更を無料でしてくれるので、より長い期間使いやすい状態を続けられる点がおすすめです。auのスマホを使っていれば、スマホ(携帯)の月額利用料を、最大1,000円値引きしてもらえます。

FUJI Wi-Fi

FUJI Wi-Fiは、データ量を気にすることなくはじめられるWiMAX2+プランが、月額2,980円と安い料金で、使用できます。初月のみ、初期費用として2,000円プラスされますが、FUJI Wi-Fiは途中で解約した場合でも、解約金や手数料などが全くかからないので、契約しやすくなっています。

使用するルーターは、プランごとに決められているので、自分では選べません。送られてくるルーターは、FUJI Wi-Fiからレンタルされている状態という契約内容になっているので、auスマートバリューの対象外になります。

Yahoo! Wi-Fi

申し込みと支払の手続きが簡単なので、最短で、翌日にはWi-Fiを使用できます。Yahoo!プレミアム会員は、月額1,980円~(最大12カ月)というお得な料金で利用できます。Yahoo!プレミアム未加入時の料金は3,696円と、料金に大きな差があることが特徴です。Yahoo!プレミアムとYahoo!Wi-Fiの同時加入で、月額462円のYahoo!プレミアム会費が、6カ月間無料になります。

Yahoo!Wi-Fiでデータ使用量を気にしないで使うためには、684円の「アドバンスオプション」(最大3カ月無料)を付ける必要があります。契約期間は3年間で、故障のときに修理代金を抑えるられる「Yahoo! Wi-Fi補償」は月額300円必要ですが、補償対象の故障であれば、3年間無料で修理してもらえます。

ポケットWi-Fiの導入がおすすめな人

無線ルーターを導入するか、ポケットWi-Fiにするべきかでお悩みの人へ。ポケットWi-Fiは、どのような人におすすめなのかを紹介します。

スマホで料金を気にせずに動画を閲覧したい

外出先でも、スマホでYouTubeなどの動画を、好きなときに閲覧する環境を作っておきたい人には、ポケットWi-Fiの導入がおすすめです。通信量1Gで見られる動画は、通常の画質のもので、およそ4時間といわれています。

高画質になれば、データ使用量が多くなるので、見られる時間はさらに短くなります。利用通信量無制限のプランがあるWiMAXか、ワイモバイルのポケットWi-Fiの契約をすれば、通勤時間や休憩時間など、自分の好きな時間に好きなだけ、動画を閲覧して楽しめます。

オンラインゲームがしたい

ps4やニンテンドーSwitchなどのゲーム機を使って、オンラインゲームを楽しみたい人にも、ポケットWi-Fiはおすすめです。一人暮らしの場合、外出先や自宅の両方で使えるポケットWi-Fiを契約して、持ち歩いたほうが安く利用できます。

パソコンやタブレット、オンラインで楽しめるゲーム機など、複数の機器をいくつもつなげるので、とても便利です。

無制限でネットを使いたい

データ使用量を気にすることなく、インターネットを毎日使って楽しみたい人にも、ポケットWi-Fiはおすすめです。少し空いた時間があると、スマホを取り出して、ソーシャルゲームをしたり動画を見たり、SNSをチェックしたりする人はとても増えています。

インターネットを使って楽しんでいると、時間が過ぎるのはあっという間です。好きなときに好きなだけ、インターネットを使える環境にしておけば、データ使用量や利用料金を気にすることなく、毎日楽しい時間を過ごせます。

海外でも使いたい

海外に行くときに、渡航先で使えるポケットWi-Fiを空港のカウンターでレンタルして行くと、スマホもタブレットも、自由に使えて便利です。海外Wi-Fiをレンタルするメリットは、料金の安さです。携帯電話会社が提供している海外用のパケット使用料は、1日に使えるデータ使用量が少なく、1日当たりの料金も3,000円程度と、とても割高なシステムになっています。

渡航先で使えるポケットWi-Fiを、レンタルして使うようにすると、1日の利用料金が数百円程度で済むので、海外旅行などにはとても便利です。ポケットWi-Fiは、一つの端末に複数のスマホやタブレットを接続できるので、一緒に行った人とシェアして使うことも便利です。

通勤や通学中に使いたい

最近では、遠距離の通勤や通学をする人が増えていて、朝や夕方の移動に時間が掛かる人が多いです。会社や学校までの移動に、電車やバスを使う人は、移動時間の疲れを減らすためにも、スマホうやタブレットで、動画や映画などを見て過ごすという人も多くなっています。

遠距離での通勤や通学をしている人は、毎日の長い移動時間を、少しでも楽しい時間にできると、日々の楽しみ方も変わります。手軽に持ち歩けるポケットWi-Fiは、使いやすいものを選んで、パソコンやスマホ、タブレットなどを快適に使える環境づくりをすると、有意義に時間を使えます。

生活スタイルに合わせてWi-Fiを活用しよう

自宅に固定して使うWi-Fi環境は、一度構築するととても便利にインターンネットを使用できます。リビングに有線ケーブルで接続したパソコンを置いて使っていた場合、そのパソコンは一人しか使えません。しかし、無線LANを使って、どこの部屋でもインターネットを使えるようにすると、皆が同時に自分の好きなことをできるようになります。

逆に一人暮らしの場合は自宅に固定のWi-Fiを作ることが、かえって無駄なことになってしまう場合もあります。データ使用料が無制限のモバイルWi-Fiが、安く契約できるようになったことも、Wi-Fiの使い方を変える理由にもなってきました。

家庭に固定のWi-Fiを作ったほうがよいのか、自分がモバイルWi-Fiを持ち歩いたほうがよいのかなど、一緒に暮らす人の人数や、生活スタイルに合わせてしっかり考えて、より便利にWi-Fiを活用する環境を作ってみてください。