今は生活に欠かせない存在になっているスマホですが、ネット環境が整っていないと通信速度が遅くなったり時には速度制限がかかってしまいます。そこで今回は無料でコスパ良くネットを楽しめるWi-Fiスポットをご紹介しますで、ぜひ活用してください。

Wi-Fiスポットを知ろう

まずは、Wi-Fiスポットがどこにあるのか知ることが大事です。Wi-Fiスポットの利用方法を知ることで、通信制限を気にせず無料でインターネットに接続したりできるので、非常に便利です。

ただ、無料というのはそれなりに条件や注意すべき点もあります。それらを知った上で便利に使って、快適に利用したいものです。

Wi-Fiを無料で使用する方法

Wi-Fiスポットは、どこにあるのか、どんなふうに使えばよいのかわからない、といって使用をためらっている人も多いのではないでしょうか。今回はそんなかた向けに、分かりやすくご紹介していきます。

コンビニなどのWi-Fiスポットを利用する

Wi-Fiスポットは、実は自分の身近なところにもたくさんあります。コンビニや駅、有名なカフェにも設置されていることをご存知でしょうか。最近では、Wi-Fiスポットがあるという目印をつけている店舗も見受けられまるようになりました。

コンビニチェーンではセブン・イレブンの「セブンスポット」、ファミリーマートの「famima Wi-Fi」、ローソンの「LOWSON Free Wi-Fi」がWi-Fiスポットとして利用できます。そして、公共交通機関である駅や空港・地下鉄やコーヒーチェーンの「スターバックス」やファーストフードの大手「マクドナルド」にもWi-Fiスポットは設置されています。

携帯キャリアの無料Wi-Fiサービスを利用する

スマホを持っているかたの多くは、携帯キャリアと契約されているかたが多数派だと思います。各キャリアでもWi-Fiスポットを設置しており、レストランやカフェ・ショッピングモール、公共交通機関や空港などでも利用可能です。

利用できるエリアはそれぞれ異なっており、具体的な場所に関しては各キャリアの公式ホームページに掲載されていますので、よく行く場所などで利用できないか事前に調べてみましょう。また、各店舗にステッカーが貼られていて、利用できるキャリアの種類が分かりやすく掲示してあります。

覚えておこう便利なWi-Fiスポットとアクセス方法

意外とたくさんのWi-Fiスポットがあるということがわかりました。これから、詳しいWi-Fiスポットの設置場所とアクセス方法についてみていきましょう。覚えておくと非常に便利です。

Wi-Fiを利用できるスポットに入ったら、AndroidでもiPhoneでも「設定」からWi-Fiへと進み、Wi-Fiをオンにします。接続する目的のSSID(ネットワーク名)が表示されたら、それを選択して接続します。

セブンイレブンの7SPOT

セブンイレブンのWi-Fiスポットは「7SPOT」というものです。「7SPOT」はセブンイレブンだけではなく、実はイトーヨーカ堂やヨークベニマルなどのセブン&アイグループのお店で利用できる便利なスポットです。必要情報入力はメールアドレスによる会員登録と利用規約同意で接続できます。

利用方法としては、1回60分まで1日3回まで利用可能ですが、セブン-イレブンアプリを使えば「7SPOT」を回数無制限で利用できるようになります。Wi-Fiスポットへ接続するためのSSIDは「7SPOT」と表示されます。

ローソンのLAWSON Free Wi-Fi

ローソンのWi-Fiスポットは、「LAWSON Free Wi-Fi」というものです。必要情報入力はメールアドレスが必要になります。1回60分まで1日5回まで利用可能となっています。SSIDは「LAWSON Free Wi-Fi」と表示されます。

ファミリーマートのFamilyMart Wi-Fi

ファミリーマートのWi-Fiスポットは「FamilyMart Wi-Fi」というものです。必要情報入力は、Eメールアドレス・パスワード・性別となっています。1回20分まで、1日3回までの利用が可能となっています。SSIDは「Famima_Wi-Fi」と表示されます。

タリーズコーヒーのtullysWi-Fi

タリーズコーヒーのWi-Fiスポットは「 tullys Wi-Fi」というものです。必要情報の入力はありません。 ブラウザを起動しトップ画面を表示して、「インターネットに接続」というボタンをクリックします。利用規約の内容を確認後、「同意」するをクリックすれば利用可能です。タリーズコーヒーのWi-Fiスポットは利用時間・回数に制限はなく、SSIDは「tullys_Wi-Fi」と表示されます。

スターバックスのWi2サービス

スターバックスのWi-Fiスポットは「at_STARBUCK_Wi2」というものです。必要情報入力は、以前はFacebook・Twitter・Yahoo!Japan・Goolgeなどのアカウントでの利用登録やSNSでの認証が必要でしたが、今は登録の必要もなく利用規約に同意することで利用可能となりました。

こちらは1回のログインで利用できるのは1時間までとなり、再度利用する時はログインし直せば利用可能です。SSIDは「at_STARBUCKS_Wi2」 と表示されます。

ドトールコーヒーのWi2サービス

ドトールコーヒーのWi-Fiスポットは「Wi2premium」というものです。必要情報入力は店頭で掲示されているカードや、店にあるチラシのQRコードや記載のEメールアドレスにて空メールを送信します。

自動返信メールでかえってきたメールに記載されたゲストコードをコピーしておきます。Wi-Fi接続画面で「Wi2premium」を選択後、コピーしたゲストコードを入力して手続きは完了です。一度の接続で3時間利用可能です。SSIDは「Wi2premium」と表示されます。

携帯キャリアの無料Wi-Fiサービス

携帯のキャリアでもWi-Fiスポットを提供しています。有料が多いのですが、条件によっては無料で使用することもできるので、携帯キャリアと契約をされているかたは、チェックしてみることをおすすめします。

NTTドコモのdocomoWi-Fi

NTTドコモが提供しているWi-Fiスポットは、「docomoWi-Fi」というものです。月額使用料は有料で300円かかりますが、対象のパケット定額サービスもしくは料金プランに加入している場合は月額使用料が永年無料になるキャンペーンをしており、実質的に無料となるサービスです。

SIM認証方式というものに対応しており、自動接続エリアに入るだけで自動で接続されます。SIM認証が利用できない場合は、IDとパスワードを入力して利用可能です。こちらは永年無料のキャンペーン対象者でなくても、初回31日間は無料で使えるサービスになっています。SSIDは「0001docomo」と表示されます。

auのauWi-FiSPOT

auが提供しているWi-Fiスポットは、「au Wi-Fi SPOT」というものです。対象のパケット定額サービスもしくは料金プランに加入している場合は、月額使用料が無料で使用可能です。こちらは特に設定はしなくても自動で接続されます。

また、au契約者限定でノートパソコン等Wi-Fi専用機器にて全国のスポットのWi-Fiが利用できるサ ービスがあり、そちらは月額利用料が300円で利用可能となっています。auIDでの認証が必要なためIDの取得など事前に設定が必要ですが、設定後は自動で接続できます。専用アプリなどは不要でWebブラウザだけでご利用いただけます。

ソフトバンクのWi-Fiスポット

ソフトバンクが提供しているWi-Fiスポットは、「ソフトバンクWi-Fiスポット」というものです。本来は月額467円で利用可能ですが、フラット型パケットサービスなどに加入していれば無料で使用できます。

接続エリア内に入れば自動接続できますが、iphoneの場合は事前にプロファイルをインストールしておく必要があります。また、スマートフォンの場合は専用のアプリがあるのでそちらでの事前の設定が必要になります。SSIDは「0001softbank」、「0002softbank」、「mobilepoint」と表示されます。

無料Wi-Fiスポットを探すアプリ

Wi-Fiスポットが利用できる方法をご紹介しましたが、よく行くところだと把握していても外出先だとどこにあるか分からずに困ってしまうこともあります。そんな時に便利なのがWi-Fiスポットを探してくれるアプリの存在です。自分の使いやすいものを入れておけば、外出先でも快適にインターネットを使用できます。

WiFi Map – 無料のインターネットを入手

android版、iphone版どちらもインストール可能です。海外旅行に行く際によく使われているアプリで世界中で利用できますが、日本でも使用可能です。

アプリをインストール後に開くと、現在地の周辺にあるWi-Fiスポットを地図上で印が付いて教えてくれます。現在地から近い順に並んでいるので、とても探しやすいです。

無料WiFiに接続

こちらは「無料WiFiに接続」というわかりやすい名前のついたアプリです。android版に対応しています。

アプリをインストール後に開くと、すぐにWi-Fiのネットワークを検索して自動接続してくれます。また、表示されているマークをタップして好きなネットワークに接続したり、切断することができます。

無料Wi-Fiスポット使用時の注意点

無料のWi-Fiスポットの使い方やアプリで検索をできることもわかりましたが、使う際に注意すべき点もあります。使用時に確認するべきことを知っておきましょう。

無料か有料かの確認をする

街中ではたくさんのWi-Fiスポットがありますが、本当に無料で使えるものなのでしょうか。有料のWi-Fiスポットの場合は接続できないので注意が必要です。見た感じではわからないWi-Fiスポットもありますので、使用する際に施設の人に利用可能か確認をとると安心です。

利用回数や利用時間に注意

コンビニやコーヒーチェーンなどの無料Wi-Fiスポットの場合は、使用できる回数が決められていることがあります。「7SPOT」のように同じグループ内であれば登録しておけば場所が違っても利用可能ですが、違う場所での接続の場合は新たにメールアドレスの登録などが必要になってくることもあります。

利用時間が過ぎると切断されることもありますが、再度ログインすればだいたいの場合は使用可能です。使用する前に利用回数や利用時間をチェックしておくことも大事です。

クレジットカード番号の入力はしない

無料Wi-Fiスポットというのは誰でも利用できるというのがメリットではありますが、逆にいうとセキュリティに関しては弱いので個人情報が漏れる危険性があります。

Wi-Fiスポットが利用できるのはたくさんの人が利用する公共機関や人の出入りの多い場所に設置されていることが多いため、個人情報やクレジットカード番号などの入力をするのは避けたほうがよいです。

ブラウザーのみを使用する

無料Wi-Fiスポットを利用する際は、他のアプリを利用することは避け、ブラウザーのみの使用に留めておくことが無難です。iPhoneであれば「Safari」、Androidでは「Chrome」がそれぞれの主流のブラウザーなのでそれらの使用がベストです。

そのブラウザーからは「https」で始まるURLのサイトにだけアクセスするようにすると、個人情報などの漏洩を避けることができリスクの軽減につながります。

無料Wi-Fiのリスクを減らすVPNアプリ

無料Wi-Fiスポットでの使用はリスクがありますが、どうしても確認したいメールやSNSへの投稿など、やむを得ない理由で無料のWi-Fiを使いたいときは「VPN」という暗号化できるアプリを使うことでリスクを軽減することが可能です。

トレンドマイクロ フリーWi-Fiプロテクション

こちらのアプリはandroid版、iphone版どちらもインストール可能です。有名なセキュリティ会社のアプリなので安心感があります。

本登録すると、支払いが発生しますが、インストールすれば会員登録などを行うことなく一週間の試用が可能です。無料Wi-Fi接続時の盗み見や、個人情報の漏えいを防止するために、自動的にWi-Fi利用時の通信を暗号化してくれます。

シマンテック ノートンWi-Fiプライバシー

こちらのアプリもandroid版、iphone版どちらもインストール可能です。こちらも有名なセキュリティ会社のアプリなので安心感があります。

本登録すると支払いが発生しますが、無料試用期間があります。ただし試用期間の7日間が経過すると、自動で一年分の料金が発生してしまいますので試用される際は注意してください。購入の際には「ノートン アカウント」への登録も必要となります。使い方としては、無料Wi-Fi利用時に個人情報を自動的に暗号化してくれる便利なアプリです。スマホだけではなく、ノートパソコン等でも使用できます。

無料Wi-Fiを安全に使って快適なネットライフを

外国人旅行者の訪日などで、無料Wi-Fiスポットは、公共交通機関をはじめいろいろなところに今後も増えていくことが予想されます。「無料」で使えるということが魅力的でとても便利ではありますが、一方でセキュリティに関しては誰でも使用できるので逆に個人情報の漏えいなどの危険な部分も不安要素としてあります。

それらを事前に知ったうえで、対策できることは自分でするようにしましょう。ちょっとした心がけで、リスクを軽減できるのであればしておくことが賢い使い方ではないでしょうか。無料Wi-Fiを上手に利用して、安全で快適なネットライフを送りましょう。