コーティング車のメンテナンスについて。きれいに乗り続ける方法は?

コーティングをした車はメンテナンスが楽になるという話をよく聞きますが、それは本当なのでしょうか?その答えを知るために、コーティングをするメリットやメンテナンスの方法について学びましょう。また、きれいな状態を持続する方法を知ることも大切です。

愛車をきれいに乗り続ける為に

愛車をきれいに乗り続ける為に洗車をしたいけれど、忙しくて洗車をする時間が惜しいと悩んでいる男性は多いです。コーティングをすると、メンテナンスが楽になってきれいに乗り続けることができるという話を聞いたことがありませんか?

本当にコーティングをするとメンテナンスが楽になるのでしょうか。コーティングについて様々な疑問を抱いているなら、まずはコーティングをするメリットや、種類、選び方、メンテナンス方法などについて学びましょう。

ボディコーティングの選び方

ボディコーティングには種類があります。それぞれの特徴を知ってから選ぶようにしましょう。

ワックスとコーティングは別物

ワックスとコーティングは別物です。ボディとコーティング被膜との結合方法の違い、天然素材と化学成分の違いなど、さまざまな違いがあります。

主成分が油であるワックスの場合、塗装面に艶を出すことができますが、その油膜は半液体状で乗っているので、蒸発しやすく持続期間は短いです。一方、コーティングは、ワックスと特徴が違います。例えば、シリコンやフッ素などを含むポリマーで構成されたポリマーコーティングは、塗装面で化学反応が起こり、分子と分子が結合して強靭な皮膜を形成。そのため、対候性、持続性、吸着作用防止に優れていることが特徴です。

撥水と艶を望むならポリマーコーティング

ポリマーコーティングは、シリコンやフッ素を含む高分子ポリマーをボディに塗装することで被膜を作ります。撥水と光沢・艶を望むなら、ポリマーコーティングを選ぶとよいでしょう。ポリマーコーテイングのメリット・デメリットは以下のようになります。

ポリマーコーティングのメリット

・紫外線による変色を防ぐ
・泥や砂や油などの汚れからボディを守る
・強力な皮膜で耐熱性がプラス
・市販のコーティング剤を使って自分で安く簡単に施工ができる
・艶のある仕上がりになる

ポリマーコーティングのデメリット

・コーティングの効果が平均1~3カ月くらいで、持続期間が長くない
・被膜が柔らかく、傷を防ぐことができない
・油脂分が多いので、劣化しやすい
・劣化した部分を取り除くなど、月に1回ほどメンテナンスする必要がある
・研磨剤入りの洗剤を使用すると剥がれる

汚れを防ぎたいならガラスコーティング

ガラスコーティングとは、薄いガラス繊維を表面に結合させ、高い透明性のある被膜を作ってボディを守る方法。汚れを防ぎたいならガラスコーティングがおすすめ。他にも、ガラスコーティングならではの特徴はいろいろあります。ちなみに、ガラスコーティングには種類があり、親水性コーティング(水に馴染んで流れるタイプ)と撥水性コーティング(水をはじいて水滴になるタイプ)があるので、好みで選びましょう。

ガラスコーティングのメリット

・耐久性が高い(種類によるが平均で3~5年くらい)
・被膜が薄いのに強い
・自然な艶に仕上がる
・傷や汚れがつきにくくなる
・汚れが落ちやすくなるので洗車が楽

ガラスコーティングのデメリット

・施工前の下地処理をしっかりと行うため、硬化するまでに時間がかかる
・費用が高い
・専門店で施工しなければいけない
・1度施工したら、簡単にはやり直しできない

注意が必要なガラス系コーティング

ガラス系コーティングには、「樹脂系にガラス繊維が入っているもの」もしくは「ガラスに他の成分が入っているもの」の2種類があります。ガラスに他の成分が入っているものを選んだほうが良質なものが多いです。しかし、樹脂系にガラス繊維が入っているものは、ガラスよりのポリマーであったりと、ガラスとは遠い特徴を持つ商品もあるので注意しましょう。

ガラス系コーティングの特徴

・ガラスコーティングよりも安い
・ポリマーよりも長持ちすることが多い(平均6カ月~1年くらい)
・光沢と艶のある仕上がりになる
・専門店に施工してもらう必要がある
・定期的にメンテナンスが必要

撥水性と親水性の違い

撥水性は、水をはじき水玉状になって流れる性質のことです。走行中に雨が降ったとき、ボディに付いた水分が水玉になり、風によってその水玉が流れていきます。撥水性コーティングには油分がたくさん含まれていることが多いので、劣化しやすかったり、ボディに付いた水玉のレンズ効果により、ウォータースポットが起こりやすい(塗装を痛めてしまう可能性がある)ので注意しましょう。

親水性は、水をはじきません。雨が降ったとき、水玉にならずに広がった状態で流れていきます。水玉のレンズ効果が少ないので、ウォータースポットは起こりにくいです。

コーティング車も洗車しなくてはならない

コーティングをした車は洗車しなくてもよいと思っている人が多いようですが、コーティング車も洗車が必要です。

知らない人が多い

コーティングをしたら洗車をする必要がないかというと、そうではありません。コーティングをしていない車よりは洗車が楽になりますが、洗車をしなくてもいいということではなく、汚れたら洗車をする必要があります。

コーティングをするメリットは、汚れが付きにくいことと、汚れが落ちやすくなることです。コーティングをしたからといって、汚れがつかないということではありません。汚れを放置していると落ちにくくなりますし、コーティングの効果が減ってボディの劣化につながります。コーティング車でも洗車は必要なので、勘違いしないように注意しましょう。

洗車の方法

間違った方法で洗車をすると、コーティングを剥がしてしまう可能性があるので、正しい方法で洗車をするようにしましょう。洗車の方法を順序を追って説明します。

1.水洗いで汚れや埃を流す

コーティング車の洗車は、基本的には水洗いで汚れや埃を流すだけでよいです。その理由は、コーティングの効果で汚れが落ちやすいから。コーティングをすることにより、水洗いだけで済むことが多いので、1回の洗車にかける時間は少なくなります。ただし、水洗いだけで落ちないこともあるので、その場合はもう少し手間をかけて落としましょう。

2.専用シャンプーで水で落ちない汚れを落とす

水で落ちない汚れは、油脂成分が強い汚れなので、専用シャンプーを使用して落とします。専用スポンジにシャンプー液をたっぷりと含ませたら、ボディ表面を優しくなでるようにして洗いましょう。スポンジをよく泡立てると、力を入れずに洗うことができます。

3.シャンプーを洗い流して拭き上げ

シャンプーで洗ったら、泡がなくなるまで水で洗い流します。その後、残った水滴を拭き上げて完了です。拭き上げるときに、表面に傷をつけないように気をつけなければいけません。円を描くように拭いてしまうと摩擦で傷がつき目立ってしまいます。摩擦を減らすために、なるべくクロスを広げ、力を入れずに一方向へゆっくりと引っ張るように水滴を拭き取りましょう。

コーティングを長持ちさせるために

コーティングを長持ちさせるためにできることがあるので、実践してみましょう。

メンテナンスキットで塗膜を強化

コーティングをしただけで満足せず、メンテナンスをするようにしましょう。施工店でメンテナンスキットを購入し、メンテナンスをして塗膜を強化させることが大切です。

メンテナンスキットは、洗車時に使用します。塗装面の塗膜が強化されるので、コーティングを持続させると共に、汚れや傷を保護する役割も果たします。逆にいえば、メンテナンスキットを使ってメンテナンスの作業を行わないと、保障された期間までコーティングが持ちません。

洗車機に入る前は予洗いして

洗車機に入る前は、自宅などで予洗いをしておくと、きれいに洗い上がります。特に、泥汚れがあるなど汚れがひどい場合は、洗車機による通常の洗車だけでは落ちきらないので、必ず予洗いをしてから洗車機を使用しましょう。

予洗いをしてボディ全体を洗い流し、細かい埃やゴミを先に落としておきます。そうすることで、洗車時に傷が付きにくくなるというメリットもあるのです。また、洗車機のブラシが届かない場所もあるので、その場所を含めて予洗いしておくと、洗車後には全体がきれいになります。

輝きが落ちるのは摩擦が原因

洗車でスポンジやタオルを使用する際に、ゴシゴシと力を入れて擦ったり、円を描くようにくるくると拭くのはやめましょう。これらの方法だと摩擦がおきて全体に小さな傷がついてしまいます。

輝きが落ちるのは摩擦が原因です。コーティングが剥げたことで、輝きが落ちてしまいます。摩擦が起きないように洗車するコツは、スポンジやタオルを一定方向に動かすこと。力を入れて擦ることも避け、一定方向にやさしく拭くように心がけましょう。

傷が付いてしまったら

傷がついてしまったときの対処法についても知っておきましょう。

コンパウンドは使用不可

車に付いてしまった小さな傷を消すために、コンパウンドを使用する方法があります。コンパウンドとは、研磨剤の1つなので、引っ掻き傷のような小さな傷であればコンパウンドを使用すれば消すことが可能です。

しかし、コーティング車の場合、コンパウンドは使用不可なので気をつけましょう。コンパウンドの使用が原因で、くすみやムラができてしまうことがあります。傷ができてしまったら、自分で対処せずに施工店に相談したほうがよいです。

施工店に相談が1番

コーティング車に付いた傷を自分で落とすのは難しいです。市販されているコンパウンドなどの研磨剤は、非常に便利で重宝されていますが、ボディの塗装ごと削ってしまい、その後くすみになるなどのリスクがあるので、専門技術がないのにむやみに研磨などの作業を行うのはやめましょう。

施工店であれば、専用の工具を使用して、削った面が均一になるようにきめ細かい作業を行います。大切な愛車をきれいに乗り続けたいのであれば、メンテナンスはプロにお願いしたほうが安心です。

愛車をいつまでもピカピカで乗るためにコーティングはおすすめ

大切な愛車を綺麗に乗り続ける為に、コーティングはおすすめです。コーティングをすることで、汚れが落ちやすくなるので、洗車の時間が短縮できるというメリットもあります。

また、メンテナンスキットを購入したり、洗車の際の摩擦に気をつけるなど、コーティングを長持ちさせる努力をすることも大切。コーティングをした愛車をいつまでもピカピカの状態で乗り続けられるように、その後のケアにも気を配りましょう。