こんにちは。管理人TAKU(@takulog0712)です。

昔、よく見かけていたブロガーが最近Twitterでも見なくなったなと思う管理人。

新たなブロガーが日々生まれ、また同時に多くのブロガーが引退する世界。

引退する理由は様々ですが、大半は

「収入にならない」

「時間をかける割に稼げない」

この2点が多いのではないでしょうか?

このような現象はブログ界以外でも良くあることですが、

何故多くの人がそのスパイラルに嵌ってしまうのか?

その原因を管理人なりに解説していこうと思います。

ブログで稼ぐという表現がそもそも間違いである!?

ブログで稼ぐっていう言葉をよく聞きますが、冷静に考えるのであれば

この表現は可笑しいのです。

例えばですが

「ブログって何ですか?」

と問われた時に、なんと答えるか?

という話になるのですが、ブログを書いた経験がある方であれば

  • 日記
  • 記録
  • 自己表現
  • 紹介

などなど、基本的には

体験・思考などを共有するためのプラットフォームでしかないことは理解していると思います。

反対にブログって何?と問われ

「お金稼げるもの」というブロガーは色んな意味でヤバそうです。

このことを理解しているのであれば

根本的な部分において

ブログとお金は本来、無縁であるということは理解できるはずです。

その為

ブログを書けばお金になるという思考は本来持つべきではない思考と言えるのです。

アドセンスやアフィリエイトがお金を生む

この見出しのタイトル

アドセンスやアフィリエイトがお金を生む

ということはブログで収入を得る方であれば誰しも理解していることでしょう。

ここを結び付けることで

ブログというただの表現媒体に

お金を生む仕組み(マネタイズ)を構築できるのです。

ただ、これ自体はあくまで「お金を得る仕組み」を得ただけにしか過ぎない

という事を忘れてはいけないのです。

どこまでいってもブログはブログであり、守るべきもまたブログ

アドセンスやアフィリエイトリンクによるマネタイズが出来れば

「収入を得たい」という気持ちは多いでしょう。

記事内にガンガンリンクを入れてみたり

広告を張る場所を試行錯誤するブロガーも多いでしょう。

しかし、それは同時に

自分のブログを殺すことになるというのも頭に入れておくべきです。

例えば

自分のブログをAとし、広告をBとするのであれば

AからBに経由することで収入は得るが
BからAに経由されるものはない。

という事です。

ん?となる方もいるかも知れませんが

Bに経由するタイミングによってはAは価値をなさない

という事です。

Bに経由された段階で収入を得るチャンスを得ていますが

ブログというのはどこまで行ってもブログであり

ブログという媒体が広告に繋げる元であることを考えると

ブログに来る読者が価値のないものと判断されることが

一番の損失であるということなのです。

広告業者に自分のブログを安売りする必要はないということ

一つの仕組みとして考えるのであれば

広告業であるブログはやはり読者・顧客あって商売です。

ブログを発信媒体にするのであれば

読者を如何に顧客としていけるか?が重要であり、

ただただ読者を他の会社の顧客にする必要はないということです。

最終的には、広告料を貰う為に

広告に結び付けることは大事ですが、

「自分のサイトを見たことによって」

という理由を如何に与えるか?

こう思ってもらえるかどうかで

1回のクリックに広告料以上の価値を付けることが出来ます。

収入、つまりお金は価値と対価で考える

広告料以外でも言えることですが

お金とは単純な話「価値を具現化した対価」です。

広告を提示することで、広告発行側は宣伝機会が増え

顧客を得ることにより、広告提示側に感謝の気持ちとしてリターンを出している状況です。

上項で

「自分のブログを安売りする必要はない」と言いましたが

自分のブログを経由し、広告発行元に読者が行くことで収益が生まれる流れを

言い換えるのであれば

自分のブログを経由しなければ、
広告発行側もまた顧客を得ることが出来ないという表現も可能です。

お金というのは人の思考を惑わせるもので

払い手と受取手であれば払い手の方が偉いと見えがちですが

払い手も受取手の行動・成果において対価を出しているだけですので

どちらが偉いという表現はなく

お互い持ちつ持たれつの関係なのです。

ここでいうと

広告発行側は「顧客を取りたい」という

顧客獲得という価値をお金という対価で支払い

ブロガーなどが「収入が欲しい」という

お金という価値を「顧客提供」という対価で支払っているのです。

収入を得る為に、収入を考えないことがブログでは重要

ブロガーの収入は「顧客提供」にあるという事になります。

反対に言えば

顧客さえいれば、収入を作ることは比較的に容易になるということ。

しかし、顧客も露骨な誘導はされたくないのが本音でしょう。

顧客も納得した状態で、欲しい情報・商品が手に入るのであれば

その対価はいくらでも提供してくれるものです。

だからこそブロガーは

「収入を得る為に、収入を考えない」ことが重要です。

読者・広告側からすれば

「あなたが儲かるかどうかはどうでもいい話」であり

そんな私情は気にもしません。

 

自分のブログが自分の為だけの一人よがりにならない為にも

是非今回の記事を参考にしてもらい、

何か思考が分かればと思います。