自分自身をマインドコントロールし、常識の概念を外し、新しい常識に挑戦しよう!!

こんばんは。管理人TAKU(@takulog0712)です。

マインドコントロールと聞くと、あまり良くないイメージがありますが、

人間とは必ず何かの情報によりコントロールされて生きているのです。

自分はされていないと思っている方?

何故、「日本語を話ししているか?」を考えてみましょう。

日本語を話すのは、日本人だからという回答は間違えであり、

本質的な答えとしては

日本語を話す環境で育ち、日本語という概念のもの教育されているからです。

今回はそのマインドコントロールについて管理人的な視線からお話していきたいと思います。

そもそもマインドコントロールとは?

マインドコントロールとは

「他人の思想や情報をコントロールし、個人が意思決定する際に特定の結論に誘導する技術」

というものです。

簡単に言い換えると

自分で決めているようで、他人が決めているような状態。

冒頭にもあるように

日本語を話すのも、自分で話すようになったようで

親から日本語を話す教育を受けている状態であるという事。

実はこういう状況って他にもいっぱいあるのです。

「一般常識」とかもそうです。

義務教育で得る「いい会社に就職」というのもマインドコントロールの一種

資本主義社会の現在において「お金」「収入」に関しては無視したくても無視できない存在です。

生きていく為に最低限必要とされる「衣」「食」「住」どれを取ってもお金が絡みます。

着る服もショップで購入しないといけませんし、
食べ物もスーパーで購入します。
家も購入するか借りるかしないといけません。

仕事というものは基本的には「お金を得る為のツール」であることにしか過ぎません。

そこで、何故、この話がマインドコントロールに繋がるのか?という話ではありますが

いい会社=充実した生活

と教育を受け、それがそうであると思っていることが

マインドコントロールの環境化であることが事実であるからです。

日本には、汗水流して働くことが美化されていますが、

人の本心

やりたいことだけやって生きてけばそれでいいのです。

何故そう思うか?

楽してお金を得ている人に文句をいう方がいるからこそです。

もし、汗水流して、月20~40万の収入を得ていることが満足であれば

他人の生き方に文句を言うこともないですよね?

人が文句を言うときというのは基本的に

「自分の意見を正当化させる時」
「相手が間違っていると主張したい時」

です。これ自体は何も問題ないのですが、

自分の意見を美化しすぎぎて、他人の仕事のことについてとやかく言いだすと

「心の狭い人」でしかありません。

世の中には「自給自足」というライフスタイルを楽しむ方もいます。

低所得でも誰よりも幸せそうに生きる方もいます。

自分自身の充実度が高いのであれば、わざわざ他人のことを指摘しようとは思わないものです。

自分自身をマインドコントロールすることで見えるものは変わる

マインドコントロールというのは、他人から受けるものばかりではなく

自分自身をマインドコントロールすることも可能です。

「思考を上書きしていく」

といったイメージではないでしょうか?

冷静に今の自分の思考を分析した時に

周りからの影響はどれぐらいあったのか?

自分のしたいことを本当にしているのか?

こういったことを考え、その思考を変えていけばいいのです。

例えば、副業でブログを書こうと家族に相談して

  • そんなんで稼げるのは一部だよ
  • あなたに文章を書く才能はない
  • そんな時間どこにあるの?

などを言われて諦めた方がいるとしたら、

自分の意思を他人により「やらない」という結果に誘導されていることになります。

ここで一度やらないという選択をした思考を「自分ならできる」という思考に変更するのが

自分自身のマインドコントロールです。

もし、これ以上相談して喧嘩になるなど思うなら

「黙ってやって上手くいってから報告しよう」

これでいいのです。

上手くいかないと思われているから辞めとけと言われるだけであって

上手くいったものを辞めろという人はいない原理と同じであり

見えないものを信じるのは本人以外不可能であり、

その本人が自分を信じないと物事は動きません。

常識を一度壊すことで新しい常識が生まれる

自分の中である「常識」というものにより、

何かしらの弊害が生まれている場合は、一度壊してしまうことも重要です。

会社で働くことが自分の常識であったとして、結果それにより多くの悩みを抱えた場合

一度辞めてしまうのも有効的であったりします。

フリーランスで生きていくのもまた一つ。

フリーターとして生きるのもまた一つ。

良くなるか悪くなるかに関しては

結果を変えてみないとわかりませんが、自分の中である常識を壊すことで常識は変わります。

例えば、一か月で30万円の収入を得る場合

会社で働くことを常識とする場合の回答は

  • 給料のいい会社を探す
  • 仕事終わりにバイトする

などの選択になりますが、フリーランスであれば

  • 高単価の案件を扱う
  • 単価交渉を行う

など全く異なる選択が生まれます。

ここが常識の変化です。

常識という言葉に縛られると見える世界も狭くなります。

自分の世界を広げる為にも、自分自身の思考を広くできるようにしてみてはどうでしょうか?