キャンプなどアウトドアに大活躍|マルチツールの選び方のコツとは

登山やキャンプなどのアウトドアには、必需品があります。その必需品に加えるべきなのがマルチツール。マルチツールはアウトドアに大活躍すること間違いなし。そんなマルチツールの選び方とともに、おすすめマルチツールもご紹介します。参考にしてください。

マルチツールのおすすめと選び方を知りたい

今回ご紹介していくマルチツールというのは、通称アーミーナイフや十徳ナイフと言い、ナイフやハサミ、爪切りや缶切り、ペンチなどのアウトドアにあると便利なものが一つとなった便利なツールです。さほど大きくなく、手軽に持ち運べるのが魅力的です。このマルチツールというのは、とても便利なのですが、使用できる機能はメーカーによってもさまざま。そんな数あるマルチツールの中より、おすすめなアイテムや選び方を見ていきましょう。

マルチツールの種類

マルチツールには種類がありますので、それを解説していきます。

スイスアーミーナイフ

マルチツールは大きく2種類に分けることができ、その1つがスイスアーミーナイフです。こちらの特徴は、主にナイフを使うことをメインに設計されていることです。アウトドアでは、ロープやツル植物、食材などを切らなくてはならない場面も生じるでしょう。

切ることをメインに設計されているため、ナイフも1種類だけでなく複数種類用意され、用途別に使い分けられるものもあります。「切る」という機能を主目的に使うことが想定される場合には、このスイスアーミーナイフというタイプがおすすめです。

プライヤーツール

もう1つの種類はプラーヤーツールと呼ばれるものです。スイスアーミーナイフがナイフをメインにしているのに対し、こちらは工具の使用をメインとしているのが最大の特徴です。ペンチやドライバー、ニッパー、ハンマーなどとして使うことが想定されています。

アウトドアではナイフを使うイメージが強いかも知れませんが、工具を使う場面も意外とあります。器材を扱うことも何かと多いので、こちらも持っておくと何かと便利です。通常、マルチツールというとスイスアーミーナイフの方だけを想像する人も多いですが、こちらも便利なので余裕があればぜひ揃えておくといいでしょう。

マルチツールの選び方のコツ

マルチツールを選ぶ際、何を基準に選べば良いのでしょうか?ここではそのコツを紹介します。

自分に必要な機能の備えているマルチツールを選ぶ

マルチツールは、商品によっては色々な機能がついています。しかし、本当にすべての機能が必要なのかどうか、自分で判断するのが良いでしょう。自分にとって必要な機能だけを選ぶことで、マルチツール自体を荷物としてかさ張らずに収めることができます。

キャンプや登山などでは、あまり大荷物では移動も大変です。最低限の荷物だけにしてアウトドアに出かけるのは心得の一つです。

刃物にはロックできるものを選ぶ

マルチツールにはナイフのように刃物もついています。つまり、使わないときにナイフが出てきてしまったらとても危険なのは間違いありません。ナイフには、ロック機能が付いているものもあります。そこで、このロック機能があるものを選ぶと万一のときに安心です。もしロック機能がない物であっても、なるべく固いマルチツールにしましょう。

カトラリーつきのものはあると便利

ナイフやハサミなどの便利な機能がついてるマルチツールですが、スプーンやフォークなどのカトラリーがついているマルチツールがあります。カトラリーは別で持っていくのも良いですが、マルチツールのように機能としてついているものがあると、荷物を軽くできます。登山などのアウトドアに一つあると便利でしょう。

ライト付きのマルチツールもある

中にはLEDライトなどの付いたマルチツールもあります。「マルチツールにライトまでなくてもいいんじゃないの?」と思う人もいるかも知れませんが、あるといざという時に便利です。

キャンプや登山などでは、夜、暗い中で作業をしなくてはならないことも起こりえますし、身近にライトがあれば何かと安心です。必須な機能ではありませんが、ライトがあると安心するという人は、ライト付きのマルチツールを検討してみるのも良いかも知れません。

マルチツールの10個のおすすめ商品

おすすめ商品を10個紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ビクトリノックス ミニチャンプAL

こちらはビクトリノックスというメーカーのマルチツールで、小さめなサイズでありながらもマルチツールとしてしっかり使うことができます。シルバーで光沢のあるデザインであり、基本的な栓抜きや缶切り、はさみやのこぎりなどの機能だけではなく、毛抜きやマイナスドライバーなどの機能もついていますので、アウトドアだけではなく普段使いにも利用できます。

サイズはハンドルの長さが58ミリです。カラーはシルバー、赤、黒の三色から選べます。

ビクトリノックス ハントマン

こちらもビクトリノックスというメーカーで、アウトドア以外にも旅行や防災用としても一つはあると便利なマルチツールです。先ほどの同じメーカーのマルチツールと同じ機能を兼ね備えています。収納したときのサイズは縦91、横27、厚み20ミリです。

ビクトリノックス カデットAL

こちらも同じくビクトリノックスというメーカーですが、この商品は最低限の機能しかありません。また、軽くてコンパクトな見た目からは想像できないほど耐久性に優れています。機能は栓抜き、缶切りを始め、マイナスドライバーなどを兼ね備えており、コンパクトサイズのため、アウトドアや旅行などにかさ張ることもなく、持ち運ぶことができます。

ビクトリノックス トモ

こちらもビクトリノックスのマルチツールですが、デザインは日本人が手掛けています。機能としてははさみやラージブレードというマルチツールにしては少ないのですが、コンパクトサイズで軽いため、持ち運びも楽です。さらに見た目も丸みがあって可愛らしく、女性が持っても良いでしょう。

レザーマン マイクラ

こちらはレザーマンというメーカーで、はさみやナイフ、爪やすりや毛抜き、定規などの基本的な機能を兼ね備えているマルチツールです。長さ6.5センチで女性にも扱いやすい設計されていますので、男性だけではなく女性でもお使いいただけます。もちろんコンパクトに収納できますので、持ち運びも楽です。

レザーマン スクォートPS4

こちらもレザーマンというメーカーで、ワイヤーカッター、ナイフ、はさみ、栓抜きなどのアウトドアに使える機能を兼ね備え、小さいサイズですがしっかりとした造りです。キーホルダーのようにバッグにも付けられますので、アウトドアに使うリュックなどに付けても良いでしょう。

ノースマン チタニウム キャンピング

こちらはチタン製で軽く、とても丈夫なマルチツールです。スプーンやフォークといったカトラリーがついていますので、アウトドアに持参すると便利です。そしてナイフや栓抜き、缶切りもついています。コンパクトに収納も可能ですので、かさ張らずに持ち運びができます。

冒険クラブ 7徳スプーン&フォーク付きナイフ ケース付き

こちらは、スプーンとフォークがついていて、それぞれ離して使うことができるマルチツールです。ベルトに装着して持ち運びができますので、手軽使うことができます。ナイフ、缶切り、栓抜き、コルク抜きもついています。さらに手頃な値段であるのが魅力的。一つあるとアウトドアや防災などに便利ではないでしょうか。

ビクトリノックス スーパーティンカー

さまざまなアウトドアシーンに使えるマルチツールで、15種類のツールを兼ね備えています。さらにはさみは左利きの人でも安心して使える設計になっていますので、利き手関係なく使うことができ、アウトドアにこだわりたいという方におすすめです。

VERTEX 20徳ツールナイフ ケース付き

こちらは20種類のツールを兼ね備えたマルチツールです。基本的な機能のはさみやナイフだけではなく、ウロコ取りや爪ようじ、フックなどの機能もついており、多種多様にお使いいただけます。ボールペンよりも短いコンパクトサイズで、持ち運び用ケース付きです。

まとめ

マルチツールと言っても、何種類のツールを備えているかはメーカーや商品そのものによってもさまざま。ですので、アウトドアのみならず、防災用、普段使い用として使い分けてみるのがおすすめです。ツールが十分に備わっているのはアウトドアや防災用、ちょっとした種類のものは普段使い用というように、マルチツールを使い分けながら日常生活に加えてみましょう。