私がnoteやサロンに興味がない・購入しない4つの理由!!これ読んで私に売りたい人は連絡ください!!

こんばんは。管理人TAKU(@takulog0712 )です。

タイトルを見てこいつ『noteアンチだ!』『サロンアンチだ!』なんて思う方もいるかも知れないですが、noteやサロンを否定するつもりはありません。情報共有や問題解決、最短で収益を上げるという意味では、購入する側も販売する側も理になかったことをしていると思いますし、私がブログで影響力があるならむしろ販売しますし、サロンもします。

あくまでも今回は私が興味がない、購入しない理由をお話するといった内容です。

何故noteやサロンに興味がなかったり、購入しないのか?

自分の欲するものが収益ではなく影響力?

これは管理人本人の問題なのですが、私自身ブログというものが、そういった形でどのように収入に変化していくのかを、知りたいという興味本位と挑戦心でブログを書いている為、今自分が欲するものが収益よりも影響力であるというのが大きな理由の一つです。例えばですが、一言に『成功』と上げてもその成功の定義は『自分の満足感』もしくは『他人の認知』のどちらかになります。

そういった定義でいうのであれば『自分の満足感』というのは収入面、『他人の認知』は影響力というところではないか?と過程できます。

また書きたいことを書いて、読みたい人、伝わったらいいなと思う気持ちで書くという面においてはどちらかというと私は後者の『他人の認知』を求めている場合が高いと考えることが出来ます。

他力本願ではなく自分の力

他人の認知を求める私にとっては、自分の力を試したくなります。有名な方で『〇〇砲』みたいな影響力のバズーカーみたいなものがありますが、管理人のようなタイプは撃っても貰うのではなく、『撃てるようになったら面白い。だから撃とう』

とそこに興味が出てしまうのです。だから人の影響力を借りるのではなく、自分の言葉で成長していきたいと強く思ってしまうのです。

社会の構図にハマりたくない

これは少し共感してもらえる方がいるのではないかと思うのですが、ブログで生きていくって考えの多くに『自由を求める』という理由があると思います。

会社の給料じゃだめ、誰かが自由にしているのをあこがれたとか、いろんな理由はあるかも知れませんが、そういった意味ではnoteやサロンというのは『これをした方がいい』『これはしない方がいい』と結果的に教わる側になってしまうのと、自分の思考が通りづらくなるという意味でも

『それって結果的に会社で働くのと同じじゃないか?』

って思ってしまうのです。もちろんサロンに入った訳でもないので、決して入ったからそうであるという理由にもないですが、誰かを凄いと崇めるのは、うちの社長は、うちの部長はって言ってるようなものですし、何よりもサロンに入っている以上はサロンの主には勝てないというのがあります。

勝てないというのはセンスや収入でなく、サロン運営者と生徒の関係上、運営者にはかないませんよって意味であり、運営者と同じ土俵で戦うのであれば運営者として生徒をどう導くかを戦わなければいけないということです。

人間は万能ではない。つまり、noteやサロンも万能ではない

これは当たり前の話ではありますが、人は決して万能ではありません。例えば、管理人にも得意、不得意があり、得意ジャンルの情報提供は自信を持てますが、不得意なジャンルは正直、他で聞いてくれって思います。

例えばですが、管理人の思考でいうと、『ファッションは肉体から始まる』という考えであり、『ユニクロが似合う男がお洒落。シンプルイズベスト』という思考があります。そう。ファッションには興味ないというか、世間から見たお洒落センスはゼロです。(笑)

変わった思考ではありますが、『服は着るものであり、着られるものではない』という考えであり、体に合わない服をブランド物で固めてもお洒落と思ったことがないですし、反対にシンプルな服でも体にあった服であれば格好いいと思います。なんでか?スーツとかって丈合わせや裾合わせして身にあったものにするでしょ?って話です。

ブランド物は素材もいいですし、インパクトも強くなります。その分扱いというのは難しく、間違った使い方をするとブランド物の一人歩きになるって感じです。

話がそれましたが、ファッションに対してこんな思考を持つ管理人に、『お洒落な服装ってどんなんだと思います?』なんて聞いてもその人に満足な答えを出すことは出来ませんよね?

つまり、noteやサロンも求める情報に対する回答があるか?ないか?は人により異なるのです。

言い換えると、ブログでSEOを極めようと思っている人

  • とりあえず100記事書けば分かる
  • TwitterやSNSで流動すればいい

みたいな話をしても直接的解決をすることにはならないと思うのです。そうですよね?SEOを求める人は

『今から各記事を効率的に検索エンジンの上位を取れる方法を知りたい』

と思っているのに、100記事書けとかTwitterやSNSから流動ってのは、結果的にSEOは良くなるかもしれませんが、余計な労力になります。

そういった意味では、管理人の問うことにベストなアンサーを出せる指導者がいないのです。

Takulog管理人は曲者である

管理人にとって、本当にニーズのあるものであれば、買ってもいいとは思っています。しかし、どれもこれもピンとこない。それは単に人の成功に興味がないからこそ、『成功した理由には興味がない』ということです。

成功した理由って『~した』って意味では過去の事柄であり、未来に通用するかは別ということであります。であれば未来を宣言するものに興味を持ちます。

私は成功するんです!!みたいな教材。ほとんどの人は興味を示さないと思いますが、その『未来に対する強い意志』というところに価値があるのではないか?と感じます。

もちろん、成功する為のビジョンが見えなければ価値はないですが、そういった方がいる方がこの界隈も面白くなるのではないかと思います。